名前空間
変種
操作

std::variant_npos

提供: cppreference.com
< cpp‎ | utility‎ | variant
 
 
 
 
ヘッダ <variant> で定義
inline constexpr std::size_t variant_npos = -1;
(C++17以上)

これは、 valueless_by_exception()true のときに index() の戻り値として使用される、 std::size_t 型で表現可能な最大値と等しい、特別な値です。

[編集] 関連項目

variant が保持している選択肢の0から始まるインデックスを返します
(パブリックメンバ関数) [edit]
variant が無効な状態かどうか調べます
(パブリックメンバ関数) [edit]