名前空間
変種
操作

std::variant<Types...>::index

提供: cppreference.com
< cpp‎ | utility‎ | variant
 
 
 
 
constexpr std::size_t index() const noexcept;
(C++17以上)

variant が現在保持している選択肢のゼロから始まるインデックスを返します。

variant が valueless_by_exception の場合は variant_npos を返します。

[編集]

#include <variant>
#include <string>
#include <iostream>
int main()
{
    std::variant<int, std::string> v = "abc";
 
    std::cout << "v.index = " << v.index() << '\n';
 
    v = {}; 
 
    std::cout << "v.index = " << v.index() << '\n';
}

出力:

v.index = 1
v.index = 0

[編集] 関連項目

variant が現在指定された型を保持しているかどうか調べます
(関数テンプレート) [edit]
指定されたインデックスまたは型 (一意な場合) の値を variant から読み込みます。 エラーの場合は例外を投げます
(関数テンプレート) [edit]