名前空間
変種
操作

std::get_if

提供: cppreference.com
< cpp‎ | utility‎ | variant
 
 
 
 
ヘッダ <variant> で定義
(1) (C++17およびそれ以降)
template <std::size_t I, class... Types>

constexpr std::add_pointer_t<
    std::variant_alternative_t<I, std::variant<Types...>>

> get_if(std::variant<Types...>* pv) noexcept;
template <std::size_t I, class... Types>

constexpr std::add_pointer_t<
    const std::variant_alternative_t<I, variant<Types...>>

> get_if(const std::variant<Types...>* pv) noexcept;
(2) (C++17およびそれ以降)
template <class T, class... Types>
constexpr std::add_pointer_t<T> get_if(std::variant<Types...>* pv) noexcept;
template <class T, class... Types>
constexpr std::add_pointer_t<const T> get_if(const std::variant<Types...>* pv) noexcept;
1) インデックスベースの例外を投げないアクセサ。 pv がヌルポインタでなく、 pv->index() == I であれば、 pv の指す variant に格納されている値を指すポインタを返します。 そうでなければ、ヌルポインタを返します。 I が variant 内の有効なインデックスでなければ、この呼び出しは ill-formed です。
2) 型ベースの例外を投げないアクセサ。 I をゼロから始まる Types... 内の T のインデックスとした場合の (1) と同等です。 TTypes... 内の一意な要素でなければ、この呼び出しは ill-formed です。

目次

[編集] 引数

I - 調べるインデックス
Type - 調べる一意な型
pv - variant を指すポインタ

[編集] 戻り値

指されている variant に格納されている値を指すポインタ、またはエラーの場合はヌルポインタ。

[編集]

#include <variant>
#include <iostream>
 
int main()
{
    std::variant<int, float> v{12};
 
    if(auto pval = std::get_if<int>(&v))
      std::cout << "variant value: " << *pval << '\n'; 
    else 
      std::cout << "failed to get value!" << '\n'; 
}

出力:

variant value: 12

[編集] 関連項目

指定されたインデックスまたは型 (一意な場合) の値を variant から読み込みます。 エラーの場合は例外を投げます
(関数テンプレート) [edit]