名前空間
変種
操作

va_copy

提供: cppreference.com
< cpp‎ | utility‎ | variadic
 
 
 
 
ヘッダ <cstdarg> で定義
void va_copy( va_list dest, va_list src );
(C++11およびそれ以降)

va_copy マクロは srcdest にコピーします。

関数が戻る前、またはあらゆる後続の dest の (va_start または va_copy の呼び出しを通した) 再初期化の前に、 dest に対して va_end が呼ばれるべきです。

目次

[編集] 引数

dest - 初期化する va_list 型のインスタンス
src - dest を初期化するために使用されるコピー元の va_list

[編集] 展開後の値

(なし)

[編集]

#include <iostream>
#include <cstdarg>
#include <cmath>
 
double sample_stddev(int count, ...) 
{
    double sum = 0;
    va_list args1;
    va_start(args1, count);
    va_list args2;
    va_copy(args2, args1);
    for (int i = 0; i < count; ++i) {
        double num = va_arg(args1, double);
        sum += num;
    }
    va_end(args1);
    double mean = sum / count;
 
    double sum_sq_diff = 0;
    for (int i = 0; i < count; ++i) {
        double num = va_arg(args2, double);
        sum_sq_diff += (num-mean) * (num-mean);
    }
    va_end(args2);
    return std::sqrt(sum_sq_diff / count);
}
 
int main() 
{
    std::cout << sample_stddev(4, 25.0, 27.3, 26.9, 25.7) << '\n';
}

出力:

0.920258

[編集] 関連項目

可変長引数関数の引数にアクセスできるようにします
(関数マクロ) [edit]
可変長引数関数の次の引数にアクセスします
(関数マクロ) [edit]
可変長引数関数の引数のトラバーサルを終了します
(関数マクロ) [edit]