名前空間
変種
操作

va_arg

提供: cppreference.com
< cpp‎ | utility‎ | variadic
 
 
 
 
ヘッダ <cstdarg> で定義
T va_arg( va_list ap, T );

va_arg マクロは va_list ap の次の引数に対応する T 型の式に展開されます。

va_arg を呼ぶ前に、 ap は干渉する va_end の呼び出しなしに va_start または va_copy を呼ぶことによって初期化されなければなりません。 va_arg マクロは呼ばれるたびに次の可変長引数を指すよう ap を変更します。

ap の次の引数の (昇格後の) 型が T と互換でない場合、動作は未定義です。 ただし以下の場合は除きます。

  • 一方の型が符号付き整数型、他方の型が対応する符号なし整数型で、その値がどちらの型でも表現可能である。 または
  • 一方の型が void へのポインタで、他方が文字型 (charsigned char または unsigned char) へのポインタである。

ap にそれ以上引数がないときに va_arg が呼ばれた場合、動作は未定義です。

目次

[編集] 引数

ap - va_list 型のインスタンス
T - ap の次の引数の型

[編集] 展開後の値

ap の次の可変長引数。

[編集]

#include <iostream>
#include <cstdarg>
#include <cmath>
 
double stddev(int count, ...) 
{
    double sum = 0;
    double sum_sq = 0;
    va_list args;
    va_start(args, count);
    for (int i = 0; i < count; ++i) {
        double num = va_arg(args, double);
        sum += num;
        sum_sq += num*num;
    }
    va_end(args);
    return std::sqrt(sum_sq/count - (sum/count)*(sum/count));
}
 
int main() 
{
    std::cout << stddev(4, 25.0, 27.3, 26.9, 25.7) << '\n';
}

出力:

0.920258

[編集] 関連項目

可変長引数関数の引数にアクセスできるようにします
(関数マクロ) [edit]
(C++11)
可変長引数関数の引数のコピーを作成します
(関数マクロ) [edit]
可変長引数関数の引数のトラバーサルを終了します
(関数マクロ) [edit]