名前空間
変種
操作

可変長引数関数

提供: cppreference.com
< cpp‎ | utility
 
 
 
可変長引数関数
 

可変長引数関数は、可変個の引数を取る関数です (例えば std::printf)。

可変長引数関数を宣言するためには、最後の引数として省略記号を使用します (例えば int printf(const char* format, ...);)。 構文、自動引数変換および代替手法に関する追加の詳細は可変長引数を参照してください。

関数の本体から可変長引数にアクセスするために、以下のライブラリ機能が提供されます。

ヘッダ <cstdarg> で定義
可変長引数関数の引数にアクセスできるようにします
(関数マクロ) [edit]
可変長引数関数の次の引数にアクセスします
(関数マクロ) [edit]
(C++11)
可変長引数関数の引数のコピーを作成します
(関数マクロ) [edit]
可変長引数関数の引数のトラバーサルを終了します
(関数マクロ) [edit]
va_start, va_arg, va_end, va_copy によって必要とされる情報を保持します
(typedef) [edit]

[編集]

#include <iostream>
#include <cstdarg>
 
void simple_printf(const char* fmt...)
{
    va_list args;
    va_start(args, fmt);
 
    while (*fmt != '\0') {
        if (*fmt == 'd') {
            int i = va_arg(args, int);
            std::cout << i << '\n';
        } else if (*fmt == 'c') {
            // note automatic conversion to integral type
            int c = va_arg(args, int);
            std::cout << static_cast<char>(c) << '\n';
        } else if (*fmt == 'f') {
            double d = va_arg(args, double);
            std::cout << d << '\n';
        }
        ++fmt;
    }
 
    va_end(args);
}
 
int main()
{
    simple_printf("dcff", 3, 'a', 1.999, 42.5); 
}

出力:

3
a
1.999
42.5

[編集] 関連項目

可変長引数関数C言語リファレンス