名前空間
変種
操作

std::forward_as_tuple

提供: cppreference.com
< cpp‎ | utility‎ | tuple
 
 
 
 
ヘッダ <tuple> で定義
template< class... Types >
tuple<Types&&...> forward_as_tuple( Types&&... args ) noexcept;
(C++11およびそれ以降)
(C++14以前)
template< class... Types >
constexpr tuple<Types&&...> forward_as_tuple( Types&&... args ) noexcept;
(C++14およびそれ以降)

関数に引数として転送するのに適した args 内の引数を指す参照のタプルを構築します。 タプルは引数として右辺値が使用される場合は右辺値参照のデータメンバを持ち、そうでなければ左辺値参照のデータメンバを持ちます。

目次

[編集] 引数

args - タプルを構築するための0個以上の引数

[編集] 戻り値

std::tuple<Types&&...>(std::forward<Types>(args)...) によって作成されたかのような std::tuple オブジェクト。

[編集] ノート

引数が一時オブジェクトの場合、 forward_as_tuple はその生存期間を延長しません。 それらは完全式の終了前に使用されなければなりません。

[編集]

#include <iostream>
#include <map>
#include <tuple>
#include <string>
 
int main()
{
    std::map<int, std::string> m;
 
    m.emplace(std::piecewise_construct,
              std::forward_as_tuple(10),
              std::forward_as_tuple(20, 'a'));
    std::cout << "m[10] = " << m[10] << '\n';
 
    // The following is an error: it produces a
    // std::tuple<int&&, char&&> holding two dangling references.
    //
    // auto t = std::forward_as_tuple(20, 'a');
    // m.emplace(std::piecewise_construct, std::forward_as_tuple(10), t);
}

出力:

m[10] = aaaaaaaaaaaaaaaaaaaa

[編集] 関連項目

引数の型によって定義される型の tuple オブジェクトを作成します
(関数テンプレート) [edit]
左辺値参照の tuple を作成したり、タプルを個々のオブジェクトに分解したりします
(関数テンプレート) [edit]
任意の数のタプルを連結して新たな tuple を作成します
(関数テンプレート) [edit]
(C++17)
タプルを引数として使用して関数を呼びます
(関数テンプレート) [edit]