名前空間
変種
操作

std::sig_atomic_t

提供: cppreference.com
< cpp‎ | utility‎ | program
 
 
 
プログラムサポートユーティリティ
プログラム終了
(C++11)
(C++11)
環境との通信
シグナル
sig_atomic_t
シグナルの種類
非ローカルジャンプ
 
ヘッダ <csignal> で定義
typedef /* unspecified */ sig_atomic_t;

シグナルによって行われる非同期割り込みが存在している中にあってもアトミックなエンティティとしてアクセス可能な整数型。

[編集] ノート

std::atomic および std::atomic_signal_fence が導入された C++11 までは、厳格な標準準拠のプログラムがシグナルハンドラ内でできるほぼ唯一のことは、 volatile static std::sig_atomic_t 変数に値を代入し、すぐに戻ることだけでした。

[編集] 関連項目

特定のシグナルに対するシグナルハンドラを設定します
(関数) [edit]
sig_atomic_tC言語リファレンス
同じスレッドで実行されるシグナルハンドラとの間のフェンス
(関数) [edit]