名前空間
変種
操作

std::raise

提供: cppreference.com
< cpp‎ | utility‎ | program
 
 
 
 
ヘッダ <csignal> で定義
int raise( int sig );

シグナル sig をプログラムに送信します。 (std::signal() 関数を使用して指定された) シグナルハンドラが呼ばれます。

ユーザ定義のシグナル処理戦略がまだ std::signal() を使用して設定されていない場合、シグナルが無視されるかデフォルトのハンドラが呼ばれるかは処理系定義です。

目次

[編集] 引数

sig - 送信されるシグナル。 処理系定義の値または以下の値のいずれかを指定できます。
シグナルの種類を定義します
(マクロ定数) [edit]


[編集] 戻り値

成功した場合は 0、失敗した場合は非ゼロ。

[編集]

#include <csignal>
#include <iostream>
 
void signal_handler(int signal)
{
    std::cout << "Received signal " << signal << '\n';
}
 
int main()
{
    // Install a signal handler
    std::signal(SIGTERM, signal_handler);
 
    std::cout << "Sending signal " << SIGTERM << '\n';
    std::raise(SIGTERM);
}

出力例:

Sending signal 15
Received signal 15

[編集] 関連項目

特定のシグナルに対するシグナルハンドラを設定します
(関数) [edit]