名前空間
変種
操作

std::jmp_buf

提供: cppreference.com
< cpp‎ | utility‎ | program
 
 
 
プログラムサポートユーティリティ
プログラム終了
(C++11)
(C++11)
環境との通信
シグナル
シグナルの種類
非ローカルジャンプ
jmp_buf
 
ヘッダ <csetjmp> で定義
typedef /* unspecified */ jmp_buf;

std::jmp_buf 型は呼び出し元の環境を復元するための情報を書く方するのに適した配列型です。 格納された情報はプログラムの正しいブロックの実行とそのブロックの呼び出しを復元するのに十分です。 浮動小数点ステータスフラグや開いているファイル、その他のあらゆるデータは jmp_buf 型のオブジェクトに格納されません。

[編集] 関連項目

コンテキストを保存します
(関数マクロ) [edit]
指定された場所へジャンプします
(関数) [edit]