名前空間
変種
操作

std::tuple_element<std::pair>

提供: cppreference.com
< cpp‎ | utility‎ | pair
 
 
 
std::pair
メンバ関数
非メンバ関数
(C++11)
推定ガイド(C++17)
ヘルパークラス
(C++11)
tuple_element
(C++11)
 
ヘッダ <utility> で定義
template< class T1, class T2 >
struct tuple_element<0, std::pair<T1,T2> >;
(1) (C++11およびそれ以降)
template< class T1, class T2 >
struct tuple_element<1, std::pair<T1,T2> >;
(2) (C++11およびそれ以降)

pair に対する std::tuple_element の部分特殊化は、タプルライクな構文を使用したペアの要素の型へのコンパイル時アクセスを提供します。

目次

[編集] メンバ型

(1)
メンバ型 定義
type T1
(2)
メンバ型 定義
type T2

[編集] 実装例

template<std::size_t I, typename T>
  struct tuple_element;
 
template<typename T1, typename T2>
  struct tuple_element<0, std::pair<T1,T2> >
  {
     using type = T1;
  };
 
template<typename T1, typename T2>
  struct tuple_element<1, std::pair<T1,T2> >
  {
     using type = T2;
  };

[編集]

#include <tuple>
#include <iostream>
#include <string>
 
template <int N, typename T, typename U>
static auto constexpr get(std::pair<T, U> const& pair)
    -> typename std::tuple_element<N, decltype(pair)>::type
{
    return N == 0 ? pair.first : pair.second;
}
 
int main()
{
    auto var = std::make_pair(1, std::string{"one"});
 
    std::cout << get<0>(var) << " = " << get<1>(var);
}

出力:

1 = one

[編集] 関連項目

指定された要素の型を取得します
(クラステンプレートの特殊化) [edit]
array の要素の型を取得します
(クラステンプレートの特殊化) [edit]
pair のサイズを取得します
(クラステンプレートの特殊化) [edit]