名前空間
変種
操作

std::get(std::pair)

提供: cppreference.com
< cpp‎ | utility‎ | pair
 
 
 
 
ヘッダ <utility> で定義
(1)
template< size_t I, class T1, class T2 >

typename std::tuple_element<I, std::pair<T1,T2> >::type&

    get( pair<T1, T2>& p ) noexcept;
(1) (C++11およびそれ以降)
(C++14以前)
template< size_t I, class T1, class T2 >

constexpr std::tuple_element_t<I, std::pair<T1,T2> >&

    get( pair<T1, T2>& p ) noexcept;
(1) (C++14およびそれ以降)
(2)
template< size_t I, class T1, class T2 >

const typename std::tuple_element<I, std::pair<T1,T2> >::type&

    get( const pair<T1,T2>& p ) noexcept;
(2) (C++11およびそれ以降)
(C++14以前)
template< size_t I, class T1, class T2 >

constexpr const std::tuple_element_t<I, std::pair<T1,T2> >&

    get( const pair<T1,T2>& p ) noexcept;
(2) (C++14およびそれ以降)
(3)
template< size_t I, class T1, class T2 >

typename std::tuple_element<I, std::pair<T1,T2> >::type&&

    get( std::pair<T1,T2>&& p ) noexcept;
(3) (C++11およびそれ以降)
(C++14以前)
template< size_t I, class T1, class T2 >

constexpr std::tuple_element_t<I, std::pair<T1,T2> >&&

    get( std::pair<T1,T2>&& p ) noexcept;
(3) (C++14およびそれ以降)
template< size_t I, class T1, class T2 >

constexpr const std::tuple_element_t<I, std::pair<T1,T2> >&&

    get( const std::pair<T1,T2>&& p ) noexcept;
(4) (C++17およびそれ以降)
template <class T, class U>
constexpr T& get(std::pair<T, U>& p) noexcept;
(5) (C++14およびそれ以降)
template <class T, class U>
constexpr const T& get(const std::pair<T, U>& p) noexcept;
(6) (C++14およびそれ以降)
template <class T, class U>
constexpr T&& get(std::pair<T, U>&& p) noexcept;
(7) (C++14およびそれ以降)
template <class T, class U>
constexpr const T&& get(const std::pair<T, U>&& p) noexcept;
(8) (C++17およびそれ以降)
template <class T, class U>
constexpr T& get(std::pair<U, T>& p) noexcept;
(9) (C++14およびそれ以降)
template <class T, class U>
constexpr const T& get(const std::pair<U, T>& p) noexcept;
(10) (C++14およびそれ以降)
template <class T, class U>
constexpr T&& get(std::pair<U, T>&& p) noexcept;
(11) (C++14およびそれ以降)
template <class T, class U>
constexpr const T&& get(const std::pair<U, T>&& p) noexcept;
(12) (C++17およびそれ以降)

タプルライクなインタフェースを使用してペアから要素を取り出します。

インデックスベースのオーバーロード (1-4) は、インデックス I が0でも1でもなければ、コンパイルに失敗します。

型ベースのオーバーロード (5-12) は、型 T と型 U が等しい場合、コンパイルに失敗します。

目次

[編集] 引数

p - 内容を取り出すペア

[編集] 戻り値

1-4) I==0 の場合は p.first を指す参照、 I==1 の場合は p.second を指す参照を返します。
5-8) p.first を指す参照を返します。
9-12) p.second を指す参照を返します。

[編集] 例外

#include <iostream>
#include <utility>
 
int main()
{
    auto p = std::make_pair(1, 3.14);
    std::cout << '(' << std::get<0>(p) << ", " << std::get<1>(p) << ")\n";
    std::cout << '(' << std::get<int>(p) << ", " << std::get<double>(p) << ")\n";
}

出力:

(1, 3.14)
(1, 3.14)


[編集] 関連項目

タプルの指定された要素にアクセスします
(関数テンプレート) [edit]
array の要素にアクセスします
(関数テンプレート) [edit]
指定されたインデックスまたは型 (一意な場合) の値を variant から読み込みます。 エラーの場合は例外を投げます
(関数テンプレート) [edit]