名前空間
変種
操作

std::nullopt_t

提供: cppreference.com
< cpp‎ | utility‎ | optional
 
 
 
 
ヘッダ <optional> で定義
struct nullopt_t;
(C++17以上)

std::nullopt_t は、未初期化状態の optional 型を表すために使用される、空のクラス型です。 特に、 std::optional は単一の引数として nullopt_t を取る、値を格納していない optional 型を作成するコンストラクタを持っています。

std::nullopt_t は非集成体な LiteralType でなければならず、デフォルトコンストラクタや初期化子リストコンストラクタを持つことはできません。

std::nullopt_t は何らかの処理系定義のリテラル型を取る constexpr コンストラクタを持たなければなりません。

[編集] ノート

nullopt_t のコンストラクタに対する制約は、 optional オブジェクトを解放するための構文として op = {}; および op = nullopt; の両方をサポートするために存在しています。

[編集] 実装例

struct nullopt_t {
    explicit constexpr nullopt_t(int) {}
};

[編集] 関連項目

(C++17)
nullopt_t 型のオブジェクト
(定数) [edit]