名前空間
変種
操作

std::optional に対する推定ガイド

提供: cppreference.com
< cpp‎ | utility‎ | optional
 
 
 
 
ヘッダ <optional> で定義
template<class T>
optional(T) -> optional<T>;
(C++17以上)

暗黙の推定ガイドで拾えないエッジケース、特にコピー可能でない引数や配列のポインタへの変換に対処するため、1つの推定ガイドstd::optional に対して提供されます。

[編集]

#include <optional>
 
int main()
{
    int a[2];
    std::optional oa{a}; // explicit deduction guide is used in this case
}