名前空間
変種
操作

std::integer_sequence

提供: cppreference.com
< cpp‎ | utility
 
 
 
ヘッダ <utility> で定義
template< class T, T... Ints >
class integer_sequence;
(C++14およびそれ以降)

クラステンプレート std::integer_sequence はコンパイル時整数列を表します。 関数テンプレートの引数として使用すると、パラメータパック Ints を推定でき、パック展開で使用できます。

目次

[編集] テンプレート引数

T - 整数列の要素のために使用する整数型
...Ints - 整数列を表す非型パラメータパック

[編集] メンバ型

メンバ型 定義
value_type T

[編集] メンバ関数

size
[static]
Ints の要素数を返します
(パブリック静的メンバ関数)

std::integer_sequence::size

static constexpr std::size_t size() noexcept;

Ints の要素の数を返します。 sizeof...(Ints) と同等です。

引数

(なし)

戻り値

Ints の要素の数。

[編集] ヘルパーテンプレート

Tstd::size_t である一般的なケースのためにヘルパーエイリアステンプレート std::index_sequence が定義されます。

template<std::size_t... Ints>
using index_sequence = std::integer_sequence<std::size_t, Ints...>;


Ints として 0, 1, 2, ..., N-1 を持つ std::integer_sequence および std::index_sequence の作成を簡単にするためにヘルパーエイリアステンプレート std::make_integer_sequence が定義されます。

template<class T, T N>
using make_integer_sequence = std::integer_sequence<T, /* a sequence 0, 1, 2, ..., N-1 */ >;
template<std::size_t N>
using make_index_sequence = make_integer_sequence<std::size_t, N>;

N が負の場合、プログラムは ill-formed です。 N がゼロの場合、示される型は integer_sequence<T> になります。

任意の型のパラメータパックを同じ長さの整数列に変換するためにヘルパーエイリアステンプレート std::index_sequence_for が定義されます。

template<class... T>
using index_sequence_for = std::make_index_sequence<sizeof...(T)>;

[編集]

ノート: std::apply の実装例にある別の例も参照してください。

#include <tuple>
#include <iostream>
#include <array>
#include <utility>
 
// Convert array into a tuple
template<typename Array, std::size_t... I>
auto a2t_impl(const Array& a, std::index_sequence<I...>)
{
    return std::make_tuple(a[I]...);
}
 
template<typename T, std::size_t N, typename Indices = std::make_index_sequence<N>>
auto a2t(const std::array<T, N>& a)
{
    return a2t_impl(a, Indices{});
}
 
// pretty-print a tuple
 
template<class Ch, class Tr, class Tuple, std::size_t... Is>
void print_tuple_impl(std::basic_ostream<Ch,Tr>& os,
                      const Tuple& t,
                      std::index_sequence<Is...>)
{
    ((os << (Is == 0? "" : ", ") << std::get<Is>(t)), ...);
}
 
template<class Ch, class Tr, class... Args>
auto& operator<<(std::basic_ostream<Ch, Tr>& os,
                 const std::tuple<Args...>& t)
{
    os << "(";
    print_tuple_impl(os, t, std::index_sequence_for<Args...>{});
    return os << ")";
}
 
int main()
{
    std::array<int, 4> array = {1,2,3,4};
 
    // convert an array into a tuple
    auto tuple = a2t(array);
    static_assert(std::is_same<decltype(tuple),
                               std::tuple<int, int, int, int>>::value, "");
 
    // print it to cout
    std::cout << tuple << '\n';
}

出力:

(1, 2, 3, 4)