名前空間
変種
操作

std::reference_wrapper<T>::operator()

提供: cppreference.com
 
 
 
関数オブジェクト
関数ラッパー
(C++11)
(C++11)
関数の部分適用
(C++20)
(C++11)
関数呼び出し
(C++17)
恒等関数オブジェクト
(C++20)
参照ラッパー
(C++11)(C++11)
演算子ラッパー
否定子
(C++17)
検索子
制約付き比較子
古いバインダとアダプタ
(C++17未満)
(C++17未満)
(C++17未満)
(C++17未満)
(C++17未満)(C++17未満)(C++17未満)(C++17未満)
(C++20未満)
(C++20未満)
(C++17未満)(C++17未満)
(C++17未満)(C++17未満)

(C++17未満)
(C++17未満)(C++17未満)(C++17未満)(C++17未満)
(C++20未満)
(C++20未満)
 
 
template< class... ArgTypes >

typename std::result_of<T&(ArgTypes&&...)>::type

    operator() ( ArgTypes&&... args ) const;
(C++11以上)
(C++17未満)
template< class... ArgTypes >

std::invoke_result_t<T&, ArgTypes...>

    operator() ( ArgTypes&&... args ) const;
(C++17以上)

格納されている参照の指す Callable なオブジェクトを呼びます。 この関数は格納されている参照が Callable なオブジェクトを指す場合にのみ利用可能です。

T は完全型でなければなりません。

目次

[編集] 引数

args - 呼ばれる関数に渡す引数

[編集] 戻り値

呼ばれた関数の戻り値。


[編集]

#include <iostream>
#include <functional>
 
void f1()
{
    std::cout << "reference to function called\n";
}
void f2(int n)
{
    std::cout << "bind expression called with " << n << " as the argument\n";
}
 
int main()
{
    std::reference_wrapper<void()> ref1 = std::ref(f1);
    ref1();
 
    auto b = std::bind(f2, std::placeholders::_1);
    auto ref2 = std::ref(b);
    ref2(7);
 
    auto c = []{std::cout << "lambda function called\n"; };
    auto ref3 = std::ref(c);
    ref3();
}

出力:

reference to function called
bind expression called with 7 as the argument
lambda function called

[編集] 関連項目

格納されている参照にアクセスします
(パブリックメンバ関数) [edit]