名前空間
変種
操作

std::ptr_fun

提供: cppreference.com
< cpp‎ | utility‎ | functional
 
 
 
関数オブジェクト
関数ラッパー
(C++11)
(C++11)
関数の部分適用
(C++20)
(C++11)
関数呼び出し
(C++17)
恒等関数オブジェクト
(C++20)
参照ラッパー
(C++11)(C++11)
演算子ラッパー
否定子
(C++17)
検索子
制約付き比較子
古いバインダとアダプタ
(C++17未満)
(C++17未満)
ptr_fun
(C++17未満)
(C++17未満)
(C++17未満)(C++17未満)(C++17未満)(C++17未満)
(C++20未満)
(C++20未満)
(C++17未満)(C++17未満)
(C++17未満)(C++17未満)

(C++17未満)
(C++17未満)(C++17未満)(C++17未満)(C++17未満)
(C++20未満)
(C++20未満)
 
ヘッダ <functional> で定義
template< class Arg, class Result >

std::pointer_to_unary_function<Arg,Result>

    ptr_fun( Result (*f)(Arg) );
(1) (C++11で非推奨)
(C++17で削除)
template< class Arg1, class Arg2, class Result >

std::pointer_to_binary_function<Arg1,Arg2,Result>

    ptr_fun( Result (*f)(Arg1, Arg2) );
(2) (C++11で非推奨)
(C++17で削除)

目的の型をテンプレート引数から推定して、関数ラッパーオブジェクト (std::pointer_to_unary_function または std::pointer_to_binary_function のいずれか) を作成します。

1) 実質的に std::pointer_to_unary_function<Arg,Result>(f) を呼びます。

2) 実質的に std::pointer_to_binary_function<Arg1,Arg2,Result>(f) を呼びます。

この関数および関連する型は、プレーンな関数からアダプタ互換な関数オブジェクトを作成する、より汎用的な std::function および std::ref の導入に伴い、 C++11 で非推奨になりました。

目次

[編集] 引数

f - ラッパーを作成する関数へのポインタ

[編集] 戻り値

f をラップする関数オブジェクト。

[編集] 例外

(なし)

[編集]

#include <string>
#include <iostream>
#include <algorithm>
#include <functional>
 
bool isvowel(char c)
{
    return std::string("aeoiuAEIOU").find(c) != std::string::npos;
}
 
int main()
{
    std::string s = "Hello, world!";
    std::copy_if(s.begin(), s.end(), std::ostreambuf_iterator<char>(std::cout),
                 std::not1(std::ptr_fun(isvowel)));
// C++11 alternatives: 
//               std::not1(std::cref(isvowel)));
//               std::not1(std::function<bool(char)>(isvowel)));
 
}

出力:

Hll, wrld!