名前空間
変種
操作

std::pointer_to_unary_function

提供: cppreference.com
< cpp‎ | utility‎ | functional
 
 
 
関数オブジェクト
関数ラッパー
(C++11)
(C++11)
バインド
(C++11)
関数呼び出し
(C++17)
恒等関数オブジェクト
(C++20)
参照ラッパー
(C++11)(C++11)
演算子ラッパー
否定子
(C++17)
検索子
古いバインダとアダプタ
(C++17以前)
(C++17以前)
(C++17以前)
pointer_to_unary_function
(C++17以前)
(C++17以前)
(C++17以前)(C++17以前)(C++17以前)(C++17以前)
(C++20以前)
(C++20以前)
(C++17以前)(C++17以前)
(C++17以前)(C++17以前)

(C++17以前)
(C++17以前)(C++17以前)(C++17以前)(C++17以前)
(C++20以前)
(C++20以前)
 
template<

    class Arg,
    class Result

> class pointer_to_unary_function : public std::unary_function<Arg, Result>;
(C++11で非推奨)
(C++17で削除)

std::pointer_to_unary_function は単項関数を中心とするラッパーとして動作する関数オブジェクトです。

目次

[編集] メンバ関数

コンストラクタ
供給された関数を持つ新しい pointer_to_unary_function オブジェクトを構築します
(パブリックメンバ関数)
operator()
格納されている関数を呼びます
(パブリックメンバ関数)

std::pointer_to_unary_function::pointer_to_unary_function

explicit pointer_to_unary_function( Result (*f)(Arg) );

格納されている関数 f を持つ pointer_to_unary_function 関数オブジェクトを構築します。

引数

f - 格納する関数へのポインタ

std::pointer_to_unary_function::operator()

Result operator()( Arg x ) const;

格納されている関数を呼びます。

引数

x - 関数に渡す引数

戻り値

呼ばれた関数によって返された値。

[編集] 関連項目

(C++11で非推奨)(C++17で削除)
二項関数へのポインタに対するアダプタ互換なラッパー
(クラステンプレート) [edit]
(C++11で非推奨)(C++17で削除)
関数ポインタからアダプタ互換な関数オブジェクトを作成します
(関数テンプレート) [edit]