名前空間
変種
操作

std::bind1st, std::bind2nd

提供: cppreference.com
< cpp‎ | utility‎ | functional
 
 
 
関数オブジェクト
関数ラッパー
(C++11)
(C++11)
関数の部分適用
(C++20)
(C++11)
関数呼び出し
(C++17)
恒等関数オブジェクト
(C++20)
参照ラッパー
(C++11)(C++11)
演算子ラッパー
否定子
(C++17)
検索子
古いバインダとアダプタ
(C++17未満)
(C++17未満)
(C++17未満)
(C++17未満)
(C++17未満)(C++17未満)(C++17未満)(C++17未満)
(C++20未満)
(C++20未満)
(C++17未満)(C++17未満)
bind1stbind2nd
(C++17未満)(C++17未満)

(C++17未満)
(C++17未満)(C++17未満)(C++17未満)(C++17未満)
(C++20未満)
(C++20未満)
 
ヘッダ <functional> で定義
template< class F, class T >
std::binder1st<F> bind1st( const F& f, const T& x );
(1) (C++11で非推奨)
(C++17で削除)
template< class F, class T >
std::binder2nd<F> bind2nd( const F& f, const T& x );
(2) (C++11で非推奨)
(C++17で削除)

指定された引数 x を指定された二項関数オブジェクト f の第1引数または第2引数に束縛します。 つまり、呼ばれた場合に f の第1引数または第2引数として x を渡す結果のラッパー内に x を格納します。

1) f の第1引数を x に束縛する。 実質的に std::binder1st<F>(f, typename F::first_argument_type(x)) を呼びます。

2) f の第2引数を x に束縛する。 実質的に std::binder2nd<F>(f, typename F::second_argument_type(x)) を呼びます。

目次

[編集] 引数

f - 引数を束縛する関数へのポインタ
x - f に束縛する引数

[編集] 戻り値

fx をラップする関数オブジェクト。

[編集] 例外

(なし)

[編集]

#include <iostream>
#include <algorithm>
#include <functional>
#include <cmath>
#include <vector>
 
int main()
{
    std::vector<double> a= {0, 30, 45, 60, 90, 180};
    std::vector<double> r(a.size());
    double pi = std::acos(-1);
 
    std::transform(a.begin(), a.end(), r.begin(),
        std::bind1st(std::multiplies<double>(), pi / 180.));
// equivalent lambda: [pi](double a){ return a*pi/180.; });
 
    for(size_t n = 0; n < a.size(); ++n)
        std::cout << a[n] << " deg = " << r[n] << " rad\n";
}

出力:

0 deg = 0 rad
30 deg = 0.523599 rad
45 deg = 0.785398 rad
60 deg = 1.0472 rad
90 deg = 1.5708 rad
180 deg = 3.14159 rad

[編集] 関連項目

(C++11で非推奨)(C++17で削除)
二項引数とその引数の1つを保持する関数オブジェクト
(クラステンプレート) [edit]