名前空間
変種
操作

std::bad_function_call

提供: cppreference.com
< cpp‎ | utility‎ | functional
 
 
 
関数オブジェクト
関数ラッパー
(C++11)
(C++11)
bad_function_call
(C++11)
バインド
(C++11)
関数呼び出し
(C++17)
恒等関数オブジェクト
(C++20)
参照ラッパー
(C++11)(C++11)
演算子ラッパー
否定子
(C++17)
検索子
古いバインダとアダプタ
(C++17以前)
(C++17以前)
(C++17以前)
(C++17以前)
(C++17以前)(C++17以前)(C++17以前)(C++17以前)
(C++20以前)
(C++20以前)
(C++17以前)(C++17以前)
(C++17以前)(C++17以前)

(C++17以前)
(C++17以前)(C++17以前)(C++17以前)(C++17以前)
(C++20以前)
(C++20以前)
 
ヘッダ <functional> で定義
class bad_function_call;
(C++11およびそれ以降)

std::bad_function_call は関数ラッパーがターゲットを持たない場合に std::function::operator() によって投げられる例外の型です。

cpp/error/exceptionstd-bad function call-inheritance.svg
画像の詳細

継承図

目次

[編集] メンバ関数

コンストラクタ
bad_function_call オブジェクトを構築します
(パブリックメンバ関数)

std::bad_function_call::bad_function_call()

bad_function_call() noexcept;

std::bad_function_call の新しいインスタンスを構築します。

引数

(なし)

std::exception から継承

メンバ関数

例外オブジェクトを破棄します
(std::exceptionの仮想パブリックメンバ関数) [edit]
[仮想]
説明文字列を返します
(std::exceptionの仮想パブリックメンバ関数) [edit]

[編集] Example

#include <iostream>
#include <functional>
 
int main()
{
    std::function<int()> f = nullptr;
    try {
        f();
    } catch(const std::bad_function_call& e) {
        std::cout << e.what() << '\n';
    }
}

出力例:

bad function call

[編集] 関連項目

(C++11)
指定された関数呼び出しシグネチャを持つ任意の型の呼び出し可能なオブジェクトをラップします
(クラステンプレート) [edit]