名前空間
変種
操作

std::declval

提供: cppreference.com
< cpp‎ | utility
 
 
 
ヘッダ <utility> で定義
template<class T>
typename std::add_rvalue_reference<T>::type declval() noexcept;
(C++11およびそれ以降)

任意の型 T を参照型に変換し、コンストラクタを通す必要なしに decltype 式でメンバ関数を使用できるようにします。

declval は一般的に、共通のコンストラクタを持たないかもしれないテンプレート引数を受け取るテンプレートで、その型のメンバ関数の戻り値型が必要な場合に、使用されます。

declval の定義は存在しないため、これは未評価文脈でのみ使用できます。 この関数を含む式を評価することはエラーです。 形式的に述べると、この関数が ODR 使用された場合、プログラムは ill-formed です。

目次

[編集] 引数

(なし)

[編集] 戻り値

呼ぶことはできず、そのため、値を返すこともありません。 戻り値の型は、 Tvoid (または cv 修飾された void) の場合は T、そうでなければ T&& です。

[編集]

#include <utility>
#include <iostream>
 
struct Default { int foo() const { return 1; } };
 
struct NonDefault
{
    NonDefault(const NonDefault&) { }
    int foo() const { return 1; }
};
 
int main()
{
    decltype(Default().foo()) n1 = 1;                   // n1 の型は int です。
//  decltype(NonDefault().foo()) n2 = n1;               // エラー、デフォルトコンストラクタがありません。
    decltype(std::declval<NonDefault>().foo()) n2 = n1; // n2 の型は int です。
    std::cout << "n1 = " << n1 << '\n'
              << "n2 = " << n2 << '\n';
}

出力:

n1 = 1
n2 = 1

[編集] 関連項目

decltype 指定子 式の型と同等な型を定義します (C++11) [edit]
(C++11)(C++17で非推奨)(C++17)
指定された引数を渡して callable なオブジェクトを呼んだときの結果の型を推定します
(クラステンプレート) [edit]