名前空間
変種
操作

std::bitset::to_string

提供: cppreference.com
< cpp‎ | utility‎ | bitset
 
 
 
 
template<

    class CharT,
    class Traits,
    class Alloc

> std::basic_string<CharT,Traits,Allocator> to_string() const;
(C++11以前)
template<

    class CharT = char,
    class Traits = std::char_traits<CharT>,
    class Allocator = std::allocator<CharT>
> std::basic_string<CharT,Traits,Allocator>

    to_string(CharT zero = CharT('0'), CharT one = CharT('1')) const;
(C++11およびそれ以降)

ビットセットの内容を文字列に変換します。 false の値を持つビットを表すために zero を、 true の値を持つビットを表すために one を使用します。

結果の文字列は、最初の文字が最後の (N-1 番目の) ビットに対応し、最後の文字が最初のビットに対応する、 N 個の文字を格納します。

目次

[編集] 引数

zero - false を表すために使用する文字
one - true を表すために使用する文字

[編集] 戻り値

変換された文字列。

[編集] 例外

std::string のコンストラクタから std::bad_alloc が投げられるかもしれません。

[編集]

#include <iostream>
#include <bitset>
int main()
{
    std::bitset<8> b(42);
    std::cout << b.to_string() << '\n'
              << b.to_string('*') << '\n'
              << b.to_string('O', 'X') << '\n';
}

出力:

00101010
**1*1*1*
OOXOXOXO

[編集] 関連項目

データの unsigned long 整数表現を返します
(パブリックメンバ関数) [edit]
(C++11)
データの unsigned long long 整数表現を返します
(パブリックメンバ関数) [edit]