名前空間
変種
操作

std::bitset::operator[]

提供: cppreference.com
< cpp‎ | utility‎ | bitset
 
 
 
 
(1)
bool operator[]( std::size_t pos ) const;
(C++11以前)
constexpr bool operator[]( std::size_t pos ) const;
(C++11およびそれ以降)
reference operator[]( std::size_t pos );
(2)

位置 pos のビットにアクセスします。 1つめのバージョンはビットの値を返し、2つめのバージョンは値の変更を可能とする std::bitset::reference 型のオブジェクトを返します。

test() と異なり、例外を投げません。 pos が範囲外の場合、動作は未定義です。

目次

[編集] 引数

pos - 返すビットの位置

[編集] 戻り値

1) 要求されたビットの値。

2) 要求されたビットに書き込むことができる、 std::bitset::reference 型のオブジェクト。

[編集] 例外

(なし)

[編集]

#include <iostream>
#include <bitset>
 
int main()
{
    std::bitset<8> b1(42);
    for (std::size_t i = 0; i < b1.size(); ++i) {
        std::cout << "b1[" << i << "]: " << b1[i] << '\n';
    }
    b1[0] = true; // modifies the first bit through bitset::reference
    std::cout << "After setting bit 0, the bitset holds " << b1 << '\n';
}

出力:

b1[0]: 0
b1[1]: 1
b1[2]: 0
b1[3]: 1
b1[4]: 0
b1[5]: 1
b1[6]: 0
b1[7]: 0
After setting bit 0, the bitset holds 00101011

[編集] 関連項目

特定のビットにアクセスします
(パブリックメンバ関数) [edit]