名前空間
変種
操作

std::bitset

提供: cppreference.com
< cpp‎ | utility
 
 
 
 
ヘッダ <bitset> で定義
template< std::size_t N >
class bitset;

クラステンプレート bitsetN ビットの固定サイズのシーケンスを表します。 ビットセットは標準の論理演算子で操作したり、文字列や整数との間で変換したりできます。

bitsetCopyConstructible および CopyAssignable の要件を満たします。

目次

[編集] テンプレート引数

N - 記憶域を割り当てるビット数

[編集] メンバ型

ビットへの参照を表現するプロキシクラス
(クラス)

[編集] メンバ関数

ビットセットを構築します
(パブリックメンバ関数) [edit]
内容を比較します
(パブリックメンバ関数) [edit]
要素アクセス
特定のビットにアクセスします
(パブリックメンバ関数) [edit]
特定のビットにアクセスします
(パブリックメンバ関数) [edit]
(C++11)  
すべてのビット、1個以上のビット、0個のビットが true に設定されているかどうか調べます
(パブリックメンバ関数) [edit]
true に設定されているビットの数を返します
(パブリックメンバ関数) [edit]
容量
ビットセットが保持できるビットの数を返します
(パブリックメンバ関数) [edit]
変更
バイナリ論理積、論理和、排他的論理和、論理否定を行います
(パブリックメンバ関数) [edit]
バイナリ左シフトおよび右シフトを行います
(パブリックメンバ関数) [edit]
ビットを true または指定された値に設定します
(パブリックメンバ関数) [edit]
ビットを false に設定します
(パブリックメンバ関数) [edit]
ビットの値を反転させます
(パブリックメンバ関数) [edit]
変換
データの文字列表現を返します
(パブリックメンバ関数) [edit]
データの unsigned long 整数表現を返します
(パブリックメンバ関数) [edit]
(C++11)
データの unsigned long long 整数表現を返します
(パブリックメンバ関数) [edit]

[編集] 非メンバ関数

ビットセットに対してバイナリ論理演算を行います
(関数テンプレート) [edit]
ビットセットのストリーム入出力を行います
(関数テンプレート) [edit]

[編集] ヘルパークラス

std::bitset に対するハッシュサポート
(クラステンプレートの特殊化) [edit]

[編集] ノート

ビットセットのサイズがコンパイル時に判明していなければ、 std::vector<bool> または boost::dynamic_bitset を使用することができます。