名前空間
変種
操作

std::apply

提供: cppreference.com
< cpp‎ | utility
 
 
 
ヘッダ <tuple> で定義
template <class F, class Tuple>
constexpr decltype(auto) apply(F&& f, Tuple&& t);
(C++17およびそれ以降)

引数のタプルを使用して Callable なオブジェクト f を呼び出します。

目次

[編集] 引数

f - 呼び出す Callable なオブジェクト
t - f への引数として使用される値を要素に持つタプル

[編集] 戻り値

f が返した値。

[編集] ノート

タプルは std::tuple である必要はなく、 std::getstd::tuple_size をサポートしていれば何でも使用することができます。 特に std::arraystd::pair を使用することができます。

[編集] 実装例

namespace detail {
template <class F, class Tuple, std::size_t... I>
constexpr decltype(auto) apply_impl(F&& f, Tuple&& t, std::index_sequence<I...>)
{
    return std::invoke(std::forward<F>(f), std::get<I>(std::forward<Tuple>(t))...);
}
}  // namespace detail
 
template <class F, class Tuple>
constexpr decltype(auto) apply(F&& f, Tuple&& t)
{
    return detail::apply_impl(
        std::forward<F>(f), std::forward<Tuple>(t),
        std::make_index_sequence<std::tuple_size_v<std::remove_reference_t<Tuple>>>{});
}

[編集]

#include <iostream>
#include <tuple>
#include <utility>
 
int add(int first, int second) { return first + second; }
 
template<typename T>
T add_generic(T first, T second) { return first + second; }
 
auto add_lambda = [](auto first, auto second) { return first + second; };
 
int main()
{
    // OK
    std::cout << std::apply(add, std::make_pair(1, 2)) << '\n';
 
   // Error: can't deduce the function type
   // std::cout << std::apply(add_generic, std::make_pair(2.0f, 3.0f)) << '\n'; 
 
   // OK
   std::cout << std::apply(add_lambda, std::make_pair(2.0f, 3.0f)) << '\n'; 
}

出力:

3
5

[編集] 関連項目

引数の型によって定義される型の tuple オブジェクトを作成します
(関数テンプレート) [edit]
右辺値参照の tuple を作成します
(関数テンプレート) [edit]
タプルを引数として使用してオブジェクトを構築します
(関数テンプレート) [edit]
(C++17)
任意の Callable なオブジェクトを指定された引数で呼びます
(関数テンプレート) [edit]