名前空間
変種
操作

std::any

提供: cppreference.com
< cpp‎ | utility
 
 
 
 
ヘッダ <any> で定義
class any;
(C++17およびそれ以降)

any クラスは任意の型の単一の値に対する型安全なコンテナを表現します。

1) any クラスのオブジェクトはコンストラクタの要求を満たす任意の型のインスタンスを格納することができます。 また、空であることもできます。 これは any クラスの状態として参照されます。 格納されているインスタンスは被包含 (contained) オブジェクトと呼ばれます。 両者が空であるか、両者が空でなく格納されているオブジェクトが同等であれば、2つの状態は同等です。
2) 非メンバの any_cast 関数によって格納されているオブジェクトへの型安全なアクセスが提供されます。

処理系は小さなオブジェクトに対する動的確保を避けることが推奨されますが、そういった最適化は std::is_nothrow_move_constructibletrue である型にのみ適用できます。

目次

[編集] メンバ関数

any オブジェクトを構築します
(パブリックメンバ関数) [edit]
any オブジェクトを代入します
(パブリックメンバ関数) [edit]
any オブジェクトを破棄します
(パブリックメンバ関数) [edit]
変更
新しいオブジェクトを直接構築することで格納されているオブジェクトを変更します
(パブリックメンバ関数) [edit]
格納されているオブジェクトを破棄します
(パブリックメンバ関数) [edit]
2つの any オブジェクトを入れ替えます
(パブリックメンバ関数) [edit]
観察
オブジェクトが値を保持しているかどうか調べます
(パブリックメンバ関数) [edit]
格納されている値の typeid を返します
(パブリックメンバ関数) [edit]

[編集] 非メンバ関数

std::swap アルゴリズムの特殊化
(関数) [edit]
(C++17)
格納されているオブジェクトへの型安全なアクセス
(関数テンプレート) [edit]
(C++17)
any オブジェクトを作成します
(関数テンプレート) [edit]

[編集] ヘルパークラス

値を返す形式の any_cast で型が一致しない場合に投げられる例外
(クラス) [edit]

[編集]

#include <any>
#include <iostream>
 
int main()
{
    std::cout << std::boolalpha;
 
    // any type
    std::any a = 1;
    std::cout << a.type().name() << ": " << std::any_cast<int>(a) << '\n';
    a = 3.14;
    std::cout << a.type().name() << ": " << std::any_cast<double>(a) << '\n';
    a = true;
    std::cout << a.type().name() << ": " << std::any_cast<bool>(a) << '\n';
 
    // bad cast
    try
    {
        a = 1;
        std::cout << std::any_cast<float>(a) << '\n';
    }
    catch (const std::bad_any_cast& e)
    {
        std::cout << e.what() << '\n';
    }
 
    // has value
    a = 1;
    if (a.has_value())
    {
        std::cout << a.type().name() << '\n';
    }
 
    // reset
    a.reset();
    if (!a.has_value())
    {
        std::cout << "no value\n";
    }
 
    // pointer to contained data
    a = 1;
    int* i = std::any_cast<int>(&a);
    std::cout << *i << "\n";
}

出力例:

i: 1
d: 3.14
b: true
bad any_cast
i
no value
1