名前空間
変種
操作

std::underlying_type

提供: cppreference.com
< cpp‎ | types
 
 
 
型サポート
型プロトタイプ
(C++11)
(C++11)
(C++14)
(C++11)
(C++11)(C++20以前)
(C++11)(C++20で非推奨)
(C++11)
型特性定数
メタ関数
(C++17)
エンディアン
(C++20)
サポートされている操作
関係と性質の問い合わせ
(C++11)
(C++11)
型変更
(C++11)(C++11)(C++11)
型変換
(C++11)
(C++11)
(C++17)
underlying_type
(C++11)
(C++11)(C++20以前)(C++17)
 
ヘッダ <type_traits> で定義
template< class T >
struct underlying_type;
(C++11およびそれ以降)

T が完全な列挙型であれば、 T のベースとなる型を表すメンバ型 type が提供されます。

そうでなければ、動作は未定義です。

目次

[編集] メンバ型

名前 定義
type T のベースとなる型

[編集] ヘルパー型

template< class T >
using underlying_type_t = typename underlying_type<T>::type;
(C++14およびそれ以降)

[編集] ノート

列挙型はそれぞれベースとなる型を持ちます。 これは、

1. 明示的に指定できます (スコープ付きとスコープ無しの列挙型どちらも)。

2. 省略できます。 その場合、スコープ付きの列挙型に対しては int、スコープ無しの列挙型に対してはその列挙のすべての値を表現可能な処理系定義の整数型です。

[編集] 欠陥報告

以下の動作変更欠陥報告は以前に発行された C++ 標準に遡って適用されました。

DR 適用先 発行時の動作 正しい動作
LWG 2396 C++11 incomplete enumeration types were allowed complete enumeration type required

[編集]

#include <iostream>
#include <type_traits>
 
enum e1 {};
enum class e2: int {};
 
int main() {
    bool e1_type = std::is_same<
        unsigned
       ,typename std::underlying_type<e1>::type
    >::value; 
 
    bool e2_type = std::is_same<
        int
       ,typename std::underlying_type<e2>::type
    >::value;
 
    std::cout
    << "underlying type for 'e1' is " << (e1_type?"unsigned":"non-unsigned") << '\n'
    << "underlying type for 'e2' is " << (e2_type?"int":"non-int") << '\n';
}

出力:

underlying type for 'e1' is unsigned
underlying type for 'e2' is int