名前空間
変種
操作

std::type_index

提供: cppreference.com
< cpp‎ | types
 
 
 
型サポート
基本的な型
基本型
固定幅の整数型 (C++11)
数値の限界
C の数値限界インタフェース
実行時型情報
type_index
(C++11)
型特性
型カテゴリ
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
型プロトタイプ
(C++11)
(C++11)
(C++14)
(C++11)
(C++11)(C++20以前)
(C++11)(C++20で非推奨)
(C++11)
型特性定数
メタ関数
(C++17)
エンディアン
(C++20)
サポートされている操作
関係と性質の問い合わせ
(C++11)
(C++11)
型変更
(C++11)(C++11)(C++11)
型変換
(C++11)
(C++11)
(C++17)
(C++11)(C++20以前)(C++17)
 
 
ヘッダ <typeindex> で定義
class type_index;
(C++11およびそれ以降)

type_index クラスは、連想コンテナおよび非順序連想コンテナでインデックスとして使用できる、 std::type_info オブジェクトのラッパークラスです。 type_info オブジェクトとの関係はポインタによって維持されます。 そのため type_indexCopyConstructible かつ CopyAssignable です。

目次

[編集] メンバ関数

オブジェクトを構築します
(パブリックメンバ関数) [edit]
デストラクタ
(暗黙的に宣言)
type_index オブジェクトを破棄します
(パブリックメンバ関数)
operator=
(暗黙的に宣言)
type_index オブジェクトを代入します
(パブリックメンバ関数)
ベースとなる std::type_info オブジェクトを比較します
(パブリックメンバ関数) [edit]
ハッシュコードを返します
(パブリックメンバ関数) [edit]
ベースとなる type_info オブジェクトに紐づけられている型の処理系定義の名前を返します
(パブリックメンバ関数) [edit]

[編集] ヘルパークラス

std::type_index に対するハッシュサポート
(クラステンプレートの特殊化) [edit]

[編集]

以下のプログラムは効率の良い型と値のマップの例です。

#include <iostream>
#include <typeinfo>
#include <typeindex>
#include <unordered_map>
#include <string>
#include <memory>
 
struct A {
    virtual ~A() {}
};
 
struct B : A {};
struct C : A {};
 
int main()
{
    std::unordered_map<std::type_index, std::string> type_names;
 
    type_names[std::type_index(typeid(int))] = "int";
    type_names[std::type_index(typeid(double))] = "double";
    type_names[std::type_index(typeid(A))] = "A";
    type_names[std::type_index(typeid(B))] = "B";
    type_names[std::type_index(typeid(C))] = "C";
 
    int i;
    double d;
    A a;
 
    // note that we're storing pointer to type A
    std::unique_ptr<A> b(new B);
    std::unique_ptr<A> c(new C);
 
    std::cout << "i is " << type_names[std::type_index(typeid(i))] << '\n';
    std::cout << "d is " << type_names[std::type_index(typeid(d))] << '\n';
    std::cout << "a is " << type_names[std::type_index(typeid(a))] << '\n';
    std::cout << "b is " << type_names[std::type_index(typeid(*b))] << '\n';
    std::cout << "c is " << type_names[std::type_index(typeid(*c))] << '\n';
}

出力:

i is int
d is double
a is A
b is B
c is C

[編集] 関連項目

処理系によって生成される、何らかの型の情報を持ちます。 これは typeid 演算子によって返されるクラスです
(クラス) [edit]