名前空間
変種
操作

std::type_identity

提供: cppreference.com
< cpp‎ | types
 
 
 
型サポート
型の性質
(C++11)
(C++11)
(C++14)
(C++11)
(C++11)(C++20未満)
(C++11)(C++20で非推奨)
(C++11)
型特性定数
メタ関数
(C++17)
定数評価文脈
サポートされている操作
関係と性質の問い合わせ
型変更
(C++11)(C++11)(C++11)
型変換
(C++11)
(C++11)
(C++17)
(C++11)(C++20未満)(C++17)
type_identity
(C++20)
 
ヘッダ <type_traits> で定義
template< class T >
struct type_identity;
(C++20以上)

T を表すメンバ型 type を提供します (恒等変換)。

目次

[編集] メンバ型

名前 定義
type T

[編集] ヘルパー型

template< class T >
using type_identity_t = typename type_identity<T>::type;
(C++20以上)

[編集] 実装例

template< class T >
struct type_identity {
    using type = T;
};

[編集] ノート

type_identityテンプレートの実引数推定を防ぐために使用することができます。

template<class T>
void f(T, T);
 
template<class T>
void g(T, std::type_identity_t<T>);
 
f(4.2, 0); // error, deduced conflicting types for 'T'
g(4.2, 0); // OK, calls g<double>


[編集]