名前空間
変種
操作

std::numeric_limits<T>::max_digits10

提供: cppreference.com
 
 
 
型サポート
型の性質
(C++11)
(C++11)
(C++14)
(C++11)
(C++11)(C++20未満)
(C++11)(C++20で非推奨)
(C++11)
型特性定数
メタ関数
(C++17)
エンディアン
(C++20)
定数評価文脈
サポートされている操作
関係と性質の問い合わせ
(C++11)
(C++11)
型変更
(C++11)(C++11)(C++11)
型変換
(C++11)
(C++11)
(C++17)
(C++11)(C++20未満)(C++17)
 
 
static constexpr int max_digits10
(C++11以上)

std::numeric_limits<T>::max_digits10 の値は、テキストへのシリアライズ/デシリアライズで必要な、 T 型のすべての区別可能な値を一意に表現するために必要な10進数の桁数です。 この定数はすべての浮動小数点型に対して意味があります。

目次

[編集] 標準の特殊化

T std::numeric_limits<T>::max_digits10 の値
/* 非特殊化 */ 0
bool 0
char 0
signed char 0
unsigned char 0
wchar_t 0
char8_t 0
char16_t 0
char32_t 0
short 0
unsigned short 0
int 0
unsigned int 0
long 0
unsigned long 0
long long 0
unsigned long long 0
float FLT_DECIMAL_DIG または std::ceil(std::numeric_limits<float>::digits * std::log10(2) + 1)
double DBL_DECIMAL_DIG または std::ceil(std::numeric_limits<double>::digits * std::log10(2) + 1)
long double DECIMAL_DIG または LDBL_DECIMAL_DIG または std::ceil(std::numeric_limits<long double>::digits * std::log10(2) + 1)

[編集] ノート

ほとんどの数学演算と異なり、浮動小数点値のテキストへの変換および戻りは、少なくとも max_digits10 (float に対しては 9double に対しては 17) 桁が使用される限り、正確です。 たとえ中間のテキスト表現が正確でなくても、同じ浮動小数点値を生成することが保証されます。 float の正確な値を10進法で表現するには100桁以上必要になる場合があります。

[編集]

#include <limits>
#include <sstream>
#include <iomanip>
#include <cmath>
#include <iostream>
 
int main()
{
    float value = 10.0000086;
 
    constexpr auto digits10 = std::numeric_limits<decltype(value)>::digits10;
    constexpr auto max_digits10 = std::numeric_limits<decltype(value)>::max_digits10;
    constexpr auto submax_digits10 = max_digits10 - 1;
 
    std::cout
        << "float:\n"
        << "       digits10 is " << digits10 << " digits" << '\n'
        << "   max_digits10 is " << max_digits10 << " digits" << '\n'
        << "submax_digits10 is " << submax_digits10 << " digits" << '\n'
        << '\n';
 
    const auto original_precision = std::cout.precision();
    for( auto i = 0; i < 5; ++i )
    {
        std::cout
            << "   max_digits10: " << std::setprecision(max_digits10) << value << '\n'
            << "submax_digits10: " << std::setprecision(submax_digits10) << value << '\n'
            << '\n';
 
        value = std::nextafter( value, std::numeric_limits<decltype(value)>::max() );
    }
    std::cout.precision( original_precision );
 
    return 0;
}

出力:

float:
       digits10 is 6 digits
   max_digits10 is 9 digits
submax_digits10 is 8 digits
 
   max_digits10: 10.0000086
submax_digits10: 10.000009
 
   max_digits10: 10.0000095
submax_digits10: 10.00001
 
   max_digits10: 10.0000105
submax_digits10: 10.00001
 
   max_digits10: 10.0000114
submax_digits10: 10.000011
 
   max_digits10: 10.0000124
submax_digits10: 10.000012

[編集] 関連項目

[静的]
指定された型を表現するために使用される基数
(パブリック静的メンバ定数) [edit]
[静的]
変化させずに表現可能な radix 進数の桁数
(パブリック静的メンバ定数) [edit]
[静的]
変化させずに表現可能な10進数の桁数
(パブリック静的メンバ定数) [edit]
有効な正規化浮動小数点値を構成する radix を底とした最も小さな負の指数より1大きい数
(パブリック静的メンバ定数) [edit]
有効な有限の浮動小数点値を構成する radix を底とした最も大きな指数より1大きい数
(パブリック静的メンバ定数) [edit]