名前空間
変種
操作

std::float_round_style

提供: cppreference.com
 
 
 
型サポート
型の性質
(C++11)
(C++11)
(C++14)
(C++11)
(C++11)(C++20未満)
(C++11)(C++20で非推奨)
(C++11)
型特性定数
メタ関数
(C++17)
定数評価文脈
サポートされている操作
関係と性質の問い合わせ
型変更
(C++11)(C++11)(C++11)
型変換
(C++11)
(C++11)
(C++17)
(C++11)(C++20未満)(C++17)
 
 
ヘッダ <limits> で定義
enum float_round_style {

    round_indeterminate       = -1,
    round_toward_zero         = 0,
    round_to_nearest          = 1,
    round_toward_infinity     = 2,
    round_toward_neg_infinity = 3

};

std::float_round_style の列挙定数は式の結果が浮動小数点型のオブジェクトに格納されるときに浮動小数点算術によって使用される丸めの形式を表します。 値は以下の通りです。

[編集] 列挙定数

名前 定義
std::round_indeterminate 丸めの形式は不明です
std::round_toward_zero ゼロに向かって丸めます
std::round_to_nearest 最も近い表現可能な値に向かって丸めます
std::round_toward_infinity 正の無限大に向かって丸めます
std::round_toward_neg_infinity 負の無限大に向かって丸めます

[編集] 関連項目

[静的]
型によって使用される丸めのスタイルを識別します
(パブリック静的メンバ定数) [edit]
浮動小数点の丸め方向
(マクロ定数) [edit]