名前空間
変種
操作

std::nullptr_t

提供: cppreference.com
< cpp‎ | types
 
 
 
型サポート
基本的な型
基本型
固定幅の整数型 (C++11)
nullptr_t
(C++11)
数値の限界
C の数値限界インタフェース
実行時型情報
型特性
型カテゴリ
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
型プロトタイプ
(C++11)
(C++11)
(C++14)
(C++11)
(C++11)(C++20以前)
(C++11)(C++20で非推奨)
(C++11)
型特性定数
メタ関数
(C++17)
エンディアン
(C++20)
サポートされている操作
関係と性質の問い合わせ
(C++11)
(C++11)
型変更
(C++11)(C++11)(C++11)
型変換
(C++11)
(C++11)
(C++17)
(C++11)(C++20以前)(C++17)
 
ヘッダ <cstddef> で定義
typedef decltype(nullptr) nullptr_t;
(C++11およびそれ以降)

std::nullptr_t はヌルポインタリテラル nullptr の型です。 これは独立した型で、それ自身はポインタ型でもメンバポインタ型でもありません。

[編集]

2つ以上のオーバーロードが異なるポインタ型を取る場合、ヌルポインタ引数を取るためには std::nullptr_t に対するオーバーロードが必要です。

#include <cstddef>
#include <iostream>
 
void f(int* pi)
{
   std::cout << "Pointer to integer overload\n";
}
 
void f(double* pd)
{
   std::cout << "Pointer to double overload\n";
}
 
void f(std::nullptr_t nullp)
{
   std::cout << "null pointer overload\n";
}
 
int main()
{
    int* pi; double* pd;
 
    f(pi);
    f(pd);
    f(nullptr);  // would be ambiguous without void f(nullptr_t)
    // f(0);  // ambiguous call: all three functions are candidates
    // f(NULL); // ambiguous if NULL is an integral null pointer constant 
                // (as is the case in most implementations)
}

出力:

Pointer to integer overload
Pointer to double overload
null pointer overload

[編集] 関連項目

nullptr ヌルポインタ値を指定するポインタリテラル (C++11) [edit]
処理系定義のヌルポインタ定数
(マクロ定数) [edit]
型が std::nullptr_t かどうか調べます
(クラステンプレート) [edit]