名前空間
変種
操作

std::max_align_t

提供: cppreference.com
< cpp‎ | types
 
 
 
型サポート
基本的な型
基本型
固定幅の整数型 (C++11)
max_align_t
(C++11)
(C++17)
数値の限界
C の数値限界インタフェース
実行時型情報
型特性
型カテゴリ
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
型プロトタイプ
(C++11)
(C++11)
(C++14)
(C++11)
(C++11)(C++20以前)
(C++11)(C++20で非推奨)
(C++11)
型特性定数
メタ関数
(C++17)
エンディアン
(C++20)
サポートされている操作
関係と性質の問い合わせ
(C++11)
(C++11)
型変更
(C++11)(C++11)(C++11)
型変換
(C++11)
(C++11)
(C++17)
(C++11)(C++20以前)(C++17)
 
ヘッダ <cstddef> で定義
typedef /*implementation-defined*/ max_align_t;
(C++11およびそれ以降)

std::max_align_t は、少なくともすべてのスカラー型と同じくらい厳しい (大きい) アライメント要件を持つ、トリビアル標準レイアウト型です。

[編集] ノート

std::malloc などの確保関数によって返されるポインタはあらゆるオブジェクトに適したアライメントが行われます。 これは少なくとも std::max_align_t と同じくらい厳しくアライメントされるという意味です。

std::max_align_t は通常、最も大きなスカラー型の同義語です。 これは多くのプラットフォームでは long double であり、そのアライメント要件は8か16のいずれかです。

[編集]

#include <iostream>
#include <cstddef>
int main()
{
    std::cout << alignof(std::max_align_t) << '\n';
}

出力例:

16

[編集] 関連項目

alignof 演算子 型のアライメント要件を問い合わせます (C++11およびそれ以降) [edit]
型のアライメント要件を取得します
(クラステンプレート) [edit]
(C++11)
型がスカラー型かどうか調べます
(クラステンプレート) [edit]