名前空間
変種
操作

std::make_unsigned

提供: cppreference.com
< cpp‎ | types
 
 
 
型サポート
型プロトタイプ
(C++11)
(C++11)
(C++14)
(C++11)
(C++11)(C++20未満)
(C++11)(C++20で非推奨)
(C++11)
型特性定数
メタ関数
(C++17)
エンディアン
(C++20)
サポートされている操作
関係と性質の問い合わせ
(C++11)
(C++11)
型変更
(C++11)(C++11)(C++11)
make_unsigned
(C++11)
型変換
(C++11)
(C++11)
(C++17)
(C++11)(C++20未満)(C++17)
 
ヘッダ <type_traits> で定義
template< class T >
struct make_unsigned;
(C++11以上)

T が整数 (bool を除く) または列挙型であれば、同じ cv 修飾を持つ T に対応する符号なし整数型であるメンバ型 type が提供されます。 列挙型に対応する符号なし整数型は、その列挙型と sizeof が同じ最も小さなランクを持つ符号なし整数型です。

そうでなければ、動作は未定義です。

目次

[編集] メンバ型

名前 定義
type T に対応する符号なし整数型

[編集] ヘルパー型

template< class T >
using make_unsigned_t = typename make_unsigned<T>::type;
(C++14以上)

[編集]

#include <iostream>
#include <type_traits>
 
int main() {
    typedef std::make_unsigned<char>::type char_type;
    typedef std::make_unsigned<int>::type int_type;
    typedef std::make_unsigned<volatile long>::type long_type;
 
    bool ok1 = std::is_same<char_type, unsigned char>::value; 
    bool ok2 = std::is_same<int_type, unsigned int>::value;
    bool ok3 = std::is_same<long_type, volatile unsigned long>::value;
 
    std::cout << std::boolalpha
    << "char_type is 'unsigned char'?          : " << ok1 << '\n'
    << "int_type  is 'unsigned int'?           : " << ok2 << '\n'
    << "long_type is 'volatile unsigned long'? : " << ok3 << '\n';
}

出力:

char_type is 'unsigned char'?          : true
int_type  is 'unsigned int'?           : true
long_type is 'volatile unsigned long'? : true

[編集] 関連項目

(C++11)
型が符号付き算術型かどうか調べます
(クラステンプレート) [edit]
型が符号なし算術型かどうか調べます
(クラステンプレート) [edit]
指定された整数型を符号付きにします
(クラステンプレート) [edit]