名前空間
変種
操作

std::is_move_assignable, std::is_trivially_move_assignable, std::is_nothrow_move_assignable

提供: cppreference.com
< cpp‎ | types
 
 
 
型サポート
型プロトタイプ
(C++11)
(C++11)
(C++14)
(C++11)
(C++11)(C++20以前)
(C++11)(C++20で非推奨)
(C++11)
型特性定数
メタ関数
(C++17)
エンディアン
(C++20)
サポートされている操作
is_move_assignableis_trivially_move_assignableis_nothrow_move_assignable
(C++11)(C++11)(C++11)
関係と性質の問い合わせ
(C++11)
(C++11)
型変更
(C++11)(C++11)(C++11)
型変換
(C++11)
(C++11)
(C++17)
(C++11)(C++20以前)(C++17)
 
ヘッダ <type_traits> で定義
template< class T >
struct is_move_assignable;
(1) (C++11およびそれ以降)
template< class T >
struct is_trivially_move_assignable;
(2) (C++11およびそれ以降)
template< class T >
struct is_nothrow_move_assignable;
(3) (C++11およびそれ以降)
1) T が参照可能な型でなければ (つまり、 void、 cv 修飾された voidcv-qualifier-seq または ref-qualifier 付きの関数型)、 false に等しいメンバ定数 value が提供されます。 そうでなければ、 std::is_assignable<T&, T&&>::value に等しいメンバ定数 value が提供されます。
2) 1) と同じですが、 std::is_trivially_assignable<T&, T&&> が使用されます。
3) 1) と同じですが、 std::is_nothrow_assignable<T&, T&&> が使用されます。

T は完全型 (またはその cv 修飾された型)、 void、またはサイズの不明な配列でなければなりません。 そうでなければ、動作は未定義です。

目次

[編集] ヘルパー変数テンプレート

template< class T >
inline constexpr bool is_move_assignable_v = is_move_assignable<T>::value;
(C++17およびそれ以降)
template< class T >
inline constexpr bool is_trivially_move_assignable_v = is_trivially_move_assignable<T>::value;
(C++17およびそれ以降)
template< class T >
inline constexpr bool is_nothrow_move_assignable_v = is_nothrow_move_assignable<T>::value;
(C++17およびそれ以降)

std::integral_constant から継承

メンバ定数

value
[static]
T がムーブ代入可能ならば true、そうでなければ false
(パブリック静的メンバ定数)

メンバ関数

operator bool
オブジェクトを bool に変換します。 value を返します
(パブリックメンバ関数)
operator()
(C++14)
value を返します
(パブリックメンバ関数)

メンバ型

定義
value_type bool
type std::integral_constant<bool, value>

[編集] 実装例

template< class T>
struct is_move_assignable
    : std::is_assignable< typename std::add_lvalue_reference<T>::type,
                          typename std::add_rvalue_reference<T>::type> {};
 
template< class T>
struct is_trivially_move_assignable
    : std::is_trivially_assignable< typename std::add_lvalue_reference<T>::type,
                                    typename std::add_rvalue_reference<T>::type> {};
 
template< class T>
struct is_nothrow_move_assignable
    : std::is_nothrow_assignable< typename std::add_lvalue_reference<T>::type,
                                  typename std::add_rvalue_reference<T>::type> {};

[編集] ノート

特性 std::is_move_assignable は、 MoveAssignable ほど厳格ではありません。 代入の結果の型は確認せず (MoveAssignable な型のためには T& でなければなりません)、代入後の代入先の値が代入前の代入元の値と同等であるという意味論上の要件も確認しません。

型がこの特性を満たすためにムーブ代入演算子を実装する必要はありません。 詳細は MoveAssignable を参照してください。

[編集]

#include <iostream>
#include <string>
#include <type_traits>
struct Foo { int n; };
struct NoMove {
    // prevents implicit declaration of default move assignment operator
    // however, the class is still move-assignable because its
    // copy assignment operator can bind to an rvalue argument
    NoMove& operator=(const NoMove&) { return *this; }
};
int main() {
    std::cout << std::boolalpha
              << "std::string is nothrow move-assignable? "
              << std::is_nothrow_move_assignable<std::string>::value << '\n'
              << "int[2] is move-assignable? "
              << std::is_move_assignable<int[2]>::value << '\n'
              << "Foo is trivally move-assignable? "
              << std::is_trivially_move_assignable<Foo>::value << '\n';
 
    std::cout << std::boolalpha
              << "NoMove is move-assignable? "
              << std::is_move_assignable<NoMove>::value << '\n'
              << "NoMove is nothrow move-assignable? "
              << std::is_nothrow_move_assignable<NoMove>::value << '\n';
}

出力:

std::string is nothrow move-assignable? true
int[2] is move-assignable? false
Foo is trivially move-assignable? true
NoMove is move-assignable? true
NoMove is nothrow move-assignable? false

[編集] 関連項目

型が特定の引数に対する代入演算子を持っているかどうか調べます
(クラステンプレート) [edit]
型がコピー代入演算子を持っているかどうか調べます
(クラステンプレート) [edit]