名前空間
変種
操作

std::is_arithmetic

提供: cppreference.com
< cpp‎ | types
 
 
 
型サポート
基本的な型
基本型
固定幅の整数型 (C++11)
数値の限界
C の数値限界インタフェース
実行時型情報
型特性
型カテゴリ
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
is_arithmetic
(C++11)
型プロトタイプ
(C++11)
(C++11)
(C++14)
(C++11)
(C++11)(C++20以前)
(C++11)(C++20で非推奨)
(C++11)
型特性定数
メタ関数
(C++17)
エンディアン
(C++20)
サポートされている操作
関係と性質の問い合わせ
(C++11)
(C++11)
型変更
(C++11)(C++11)(C++11)
型変換
(C++11)
(C++11)
(C++17)
(C++11)(C++20以前)(C++17)
 
ヘッダ <type_traits> で定義
template< class T >
struct is_arithmetic;
(C++11およびそれ以降)

T が算術型 (つまり整数型か浮動小数点型) またはその cv 修飾された型であれば、 true に等しいメンバ定数 value が提供されます。 それ以外の型に対しては、 valuefalse です。

目次

[編集] テンプレート引数

T - 調べる型

[編集] ヘルパー変数テンプレート

template< class T >
inline constexpr bool is_arithmetic_v = is_arithmetic<T>::value;
(C++17およびそれ以降)

std::integral_constant から継承

メンバ定数

value
[static]
T が算術型ならば true、そうでなければ false
(パブリック静的メンバ定数)

メンバ関数

operator bool
オブジェクトを bool に変換します。 value を返します
(パブリックメンバ関数)
operator()
(C++14)
value を返します
(パブリックメンバ関数)

メンバ型

定義
value_type bool
type std::integral_constant<bool, value>

[編集] ノート

算術型は算術演算子 (+, -, *, /) が定義されている組み込み型です。 通常の算術変換と組み合わせることによってそれらが定義されるものも含みます。

すべての算術型に対して std::numeric_limits の特殊化が提供されます。

[編集] 実装例

template< class T >
struct is_arithmetic : std::integral_constant<bool,
                                              std::is_integral<T>::value ||
                                              std::is_floating_point<T>::value> {};

[編集]

#include <iostream>
#include <type_traits>
 
class A {};
 
int main() 
{
    std::cout << std::boolalpha;
    std::cout << "A:           " <<  std::is_arithmetic<A>::value << '\n';
    std::cout << "bool:        " <<  std::is_arithmetic<bool>::value << '\n';
    std::cout << "int:         " <<  std::is_arithmetic<int>::value << '\n';
    std::cout << "int const:   " <<  std::is_arithmetic<int const>::value << '\n';
    std::cout << "int &:       " <<  std::is_arithmetic<int&>::value << '\n';
    std::cout << "int *:       " <<  std::is_arithmetic<int*>::value << '\n';
    std::cout << "float:       " <<  std::is_arithmetic<float>::value << '\n';
    std::cout << "float const: " <<  std::is_arithmetic<float const>::value << '\n';
    std::cout << "float &:     " <<  std::is_arithmetic<float&>::value << '\n';
    std::cout << "float *:     " <<  std::is_arithmetic<float*>::value << '\n';
    std::cout << "char:        " <<  std::is_arithmetic<char>::value << '\n';
    std::cout << "char const:  " <<  std::is_arithmetic<char const>::value << '\n';
    std::cout << "char &:      " <<  std::is_arithmetic<char&>::value << '\n';
    std::cout << "char *:      " <<  std::is_arithmetic<char*>::value << '\n';
}

出力:

A:           false
bool:        true
int:         true
int const:   true
int &:       false
int *:       false
float:       true
float const: true
float &:     false
float *:     false
char:        true
char const:  true
char &:      false
char *:      false

[編集] 関連項目

型が整数型かどうか調べます
(クラステンプレート) [edit]
型が浮動小数点型かどうか調べます
(クラステンプレート) [edit]