名前空間
変種
操作

std::is_aggregate

提供: cppreference.com
< cpp‎ | types
 
 
 
型サポート
型の性質
(C++11)
(C++11)
(C++14)
is_aggregate
(C++17)
(C++11)
(C++11)(C++20未満)
(C++11)(C++20で非推奨)
(C++11)
型特性定数
メタ関数
(C++17)
エンディアン
(C++20)
定数評価文脈
サポートされている操作
関係と性質の問い合わせ
(C++11)
(C++11)
型変更
(C++11)(C++11)(C++11)
型変換
(C++11)
(C++11)
(C++17)
(C++11)(C++20未満)(C++17)
 
ヘッダ <type_traits> で定義
template< class T >
struct is_aggregate;
(C++17以上)

T集成体型かどうか調べます。 T が集成体型であれば true、そうでなければ false に等しいメンバ定数 value が提供されます。

std::remove_all_extents_t<T> が不完全型であり、 void (または cv 修飾された void) でない場合、動作は未定義です。

目次

[編集] テンプレート引数

T - 調べる型

[編集] ヘルパー変数テンプレート

template< class T >
inline constexpr bool is_aggregate_v = is_aggregate<T>::value;
(C++17以上)

std::integral_constant から継承

メンバ定数

value
[静的]
T が集成体型ならば true、そうでなければ false
(パブリック静的メンバ定数)

メンバ関数

operator bool
オブジェクトを bool に変換します。 value を返します
(パブリックメンバ関数)
operator()
(C++14)
value を返します
(パブリックメンバ関数)

メンバ型

定義
value_type bool
type std::integral_constant<bool, value>

[編集]

#include <type_traits>
#include <new>
#include <utility>
 
// constructs a T at the uninitialized memory pointed to by p
// using list-initialization for aggregates and non-list initialization otherwise
template<class T, class... Args>
T* construct(T* p, Args&&... args) {
    if constexpr(std::is_aggregate_v<T>) {
        return ::new (static_cast<void*>(p)) T{std::forward<Args>(args)...};
    }
    else {
        return ::new (static_cast<void*>(p)) T(std::forward<Args>(args)...);
    }
}
 
struct A { int x, y; };
struct B { B(int, const char*) { } };
 
int main() {
    std::aligned_union_t<1, A, B> storage;
    A* a = construct(reinterpret_cast<A*>(&storage), 1, 2);
    B* b = construct(reinterpret_cast<B*>(&storage), 1, "hello");
}