名前空間
変種
操作

std::has_virtual_destructor

提供: cppreference.com
< cpp‎ | types
 
 
 
型サポート
型プロトタイプ
(C++11)
(C++11)
(C++14)
(C++11)
(C++11)(C++20以前)
(C++11)(C++20で非推奨)
(C++11)
型特性定数
メタ関数
(C++17)
エンディアン
(C++20)
サポートされている操作
has_virtual_destructor
(C++11)
関係と性質の問い合わせ
(C++11)
(C++11)
型変更
(C++11)(C++11)(C++11)
型変換
(C++11)
(C++11)
(C++17)
(C++11)(C++20以前)(C++17)
 
ヘッダ <type_traits> で定義
template< class T >
struct has_virtual_destructor;
(C++11およびそれ以降)

T が仮想デストラクタを持つ型であれば、 true に等しいメンバ定数 value が提供されます。 それ以外の型に対しては、 valuefalse です。

T が非 union クラス型の場合、 T は完全型でなければなりません。 そうでなければ、動作は未定義です。

目次

[編集] ヘルパー変数テンプレート

template< class T >
inline constexpr bool has_virtual_destructor_v = has_virtual_destructor<T>::value;
(C++17およびそれ以降)

std::integral_constant から継承

メンバ定数

value
[static]
T が仮想デストラクタを持つならば true、そうでなければ false
(パブリック静的メンバ定数)

メンバ関数

operator bool
オブジェクトを bool に変換します。 value を返します
(パブリックメンバ関数)
operator()
(C++14)
value を返します
(パブリックメンバ関数)

メンバ型

定義
value_type bool
type std::integral_constant<bool, value>

[編集] ノート

クラスがパブリックな仮想デストラクタを持つ場合、派生されたオブジェクトは基底クラスを指すポインタを通して安全に削除することができます (GotW #18)。

[編集]

#include <iostream>
#include <type_traits>
#include <string>
#include <stdexcept>
 
int main()
{
    std::cout << std::boolalpha
              << "std::string has a virtual destructor? "
              << std::has_virtual_destructor<std::string>::value << '\n'
              << "std::runtime_error has a virtual destructor? "
              << std::has_virtual_destructor<std::runtime_error>::value << '\n';
}

出力:

std::string has a virtual destructor? false
std::runtime_error has a virtual destructor? true

[編集] 関連項目

型が削除されていないデストラクタを持っているかどうか調べます
(クラステンプレート) [edit]