名前空間
変種
操作

std::has_strong_structural_equality

提供: cppreference.com
< cpp‎ | types
 
 
 
型サポート
型の性質
(C++11)
(C++11)
(C++14)
(C++11)
(C++11)(C++20未満)
(C++11)(C++20で非推奨)
(C++11)
has_strong_structural_equality
(C++20)
型特性定数
メタ関数
(C++17)
定数評価文脈
サポートされている操作
関係と性質の問い合わせ
型変更
(C++11)(C++11)(C++11)
型変換
(C++11)
(C++11)
(C++17)
(C++11)(C++20未満)(C++17)
 
ヘッダ <type_traits> で定義
template< class T >
struct has_strong_structural_equality;
(C++20以上)

T強い構造的等価性を持つ場合は、 true に等しいメンバ定数 value が定義されます。 それ以外の型の場合は、 valuefalse です。

目次

[編集] テンプレート引数

T - 調べる型

[編集] ヘルパー変数テンプレート

template< class T >
inline constexpr bool has_strong_structural_equality_v = has_strong_structural_equality<T>::value;
(C++20以上)

std::integral_constant から継承

メンバ定数

value
[静的]
T が強い構造的等価性を持つ。ならば true、そうでなければ false
(パブリック静的メンバ定数)

メンバ関数

operator bool
オブジェクトを bool に変換します。 value を返します
(パブリックメンバ関数)
operator()
(C++14)
value を返します
(パブリックメンバ関数)

メンバ型

定義
value_type bool
type std::integral_constant<bool, value>

[編集] ノート

この型特性は型が非型テンプレート引数として使用できるかどうか調べるのに便利です。

[編集]

#include <type_traits>
#include <cstring>
#include <algorithm>
#include <iostream>
 
template<std::size_t N>
struct fixed_string {
    constexpr fixed_string(const char (&s)[N + 1])
    {
        std::copy_n(s, N + 1, m_data);
    }
    bool operator==(const fixed_string&) const = default;
 
    char m_data[N + 1];
};
 
template<std::size_t N>
struct broken_fixed_string {
    constexpr broken_fixed_string(const char (&s)[N + 1])
    {
        std::copy_n(s, N + 1, m_data);
    }
    bool operator==(const broken_fixed_string &rhs) const
    {
        return std::memcmp(m_data, rhs.m_data, N + 1) == 0;
    }
 
    char m_data[N + 1];
};
 
int main()
{
    std::cout
        << std::boolalpha
        << std::has_strong_structural_equality_v<fixed_string<42>> << '\n'
        << std::has_strong_structural_equality_v<broken_fixed_string<42>> << '\n';
}

出力:

true
false

[編集] 関連項目

6種類の演算子をすべてサポートする代用可能な三方比較の結果の型
(クラス) [edit]
等しい、等しくないのみサポートする代用可能な三方比較の結果の型
(クラス) [edit]