名前空間
変種
操作

std::add_lvalue_reference, std::add_rvalue_reference

提供: cppreference.com
< cpp‎ | types
 
 
 
型サポート
型の性質
(C++11)
(C++11)
(C++14)
(C++11)
(C++11)(C++20未満)
(C++11)(C++20で非推奨)
(C++11)
型特性定数
メタ関数
(C++17)
定数評価文脈
サポートされている操作
関係と性質の問い合わせ
型変更
(C++11)(C++11)(C++11)
add_lvalue_referenceadd_rvalue_reference
(C++11)(C++11)
型変換
(C++11)
(C++11)
(C++17)
(C++11)(C++20未満)(C++17)
 
ヘッダ <type_traits> で定義
template< class T >
struct add_lvalue_reference;
(1) (C++11以上)
template< class T >
struct add_rvalue_reference;
(2) (C++11以上)

T の左辺値参照型または右辺値参照型を作成します。

1) T がオブジェクト型または cv 修飾も参照修飾もされていない関数型であれば、 T& であるメンバ型 type が提供されます。 T が何らかの型 U の右辺値参照であれば、 typeU& です。 そうでなければ、 typeT です。
2) T がオブジェクト型または cv 修飾も参照修飾もされていない関数型であれば、 T&& であるメンバ型 type が提供されます。 そうでなければ typeT です。

目次

[編集] メンバ型

名前 定義
type T への参照、またはそれが許されない場合は T

[編集] ヘルパー型

template< class T >
using add_lvalue_reference_t = typename add_lvalue_reference<T>::type;
(C++14以上)
template< class T >
using add_rvalue_reference_t = typename add_rvalue_reference<T>::type;
(C++14以上)

[編集] ノート

これらの型変換は参照の縮約のルールを尊重します。

  • std::add_lvalue_reference<T&>::typeT& です。
  • std::add_lvalue_reference<T&&>::typeT& です。
  • std::add_rvalue_reference<T&>::typeT& です。
  • std::add_rvalue_reference<T&&>::typeT&& です。

T& を直接使うこととの主な違いは、 void& はコンパイルエラーとなりますが、 std::add_lvalue_reference<void>::typevoid となることです。

[編集] 実装例

namespace detail {
 
template <class T>
struct type_identity { using type = T; }; // または std::type_identity (C++20以上) を使用します
 
template <class T>
auto try_add_lvalue_reference(int) -> type_identity<T&>;
template <class T>
auto try_add_lvalue_reference(...) -> type_identity<T>;
 
template <class T>
auto try_add_rvalue_reference(int) -> type_identity<T&&>;
template <class T>
auto try_add_rvalue_reference(...) -> type_identity<T>;
 
} // namespace detail
 
template <class T>
struct add_lvalue_reference : decltype(detail::try_add_lvalue_reference<T>(0)) {};
 
template <class T>
struct add_rvalue_reference : decltype(detail::try_add_rvalue_reference<T>(0)) {};

[編集]

#include <iostream>
#include <type_traits>
 
int main() {
   using nonref = int;
   using lref = typename std::add_lvalue_reference<nonref>::type;
   using rref = typename std::add_rvalue_reference<nonref>::type;
 
   std::cout << std::boolalpha;
   std::cout << std::is_lvalue_reference<nonref>::value << '\n';
   std::cout << std::is_lvalue_reference<lref>::value << '\n';
   std::cout << std::is_rvalue_reference<rref>::value << '\n';
}

出力:

false
true
true

[編集] 欠陥報告

以下の動作変更欠陥報告は以前に発行された C++ 標準に遡って適用されました。

DR 適用先 発行時の動作 正しい動作
LWG 2101 C++11 These transformation traits were required
to produce reference to cv-/ref-qualified function types.
Produce cv-/ref-qualified function types themselves.

[編集] 関連項目

型が左辺値参照または右辺値参照かどうか調べます
(クラステンプレート) [edit]
指定された型から参照を削除します
(クラステンプレート) [edit]
std::remove_cvstd::remove_reference を合わせたもの
(クラステンプレート) [edit]