名前空間
変種
操作

NULL

提供: cppreference.com
< cpp‎ | types
 
 
 
型サポート
基本的な型
基本型
固定幅の整数型 (C++11)
(C++11)
NULL
数値の限界
C の数値限界インタフェース
実行時型情報
型特性
型カテゴリ
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
型プロトタイプ
(C++11)
(C++11)
(C++14)
(C++11)
(C++11)(C++20以前)
(C++11)(C++20で非推奨)
(C++11)
型特性定数
メタ関数
(C++17)
エンディアン
(C++20)
サポートされている操作
関係と性質の問い合わせ
(C++11)
(C++11)
型変更
(C++11)(C++11)(C++11)
型変換
(C++11)
(C++11)
(C++17)
(C++11)(C++20以前)(C++17)
 
ヘッダ <clocale> で定義
ヘッダ <cstddef> で定義
ヘッダ <cstdio> で定義
ヘッダ <cstdlib> で定義
ヘッダ <cstring> で定義
ヘッダ <ctime> で定義
ヘッダ <cwchar> で定義
#define NULL /*implementation-defined*/

マクロ NULL は処理系定義のヌルポインタ定数で、

ゼロに評価される整数型の整数定数式右辺値です。

(C++11以前)

ゼロの値を持つ整数リテラル、または std::nullptr_t 型の prvalue です。

(C++11およびそれ以降)

ヌルポインタ定数は任意のポインタ型に暗黙に変換できます。 そのような変換の結果はその型のヌルポインタ値になります。 ヌルポインタ定数が整数型を持つ場合、それは std::nullptr_t 型の prvalue に変換できます。

目次

[編集] 実装例

#define NULL 0
//since C++11
#define NULL nullptr

[編集] ノート

C では、マクロ NULLvoid* 型を持っている場合があります。 これは C++ では許されていません。

[編集]

#include <cstddef>
#include <type_traits>
#include <iostream>
class S;
int main()
{
    int* p = NULL;
    int* p2 = static_cast<std::nullptr_t>(NULL);
    void(*f)(int) = NULL;
    int S::*mp = NULL;
    void(S::*mfp)(int) = NULL;
 
    if (std::is_same_v<decltype(NULL), std::nullptr_t>) {
        std::cout << "NULL implemented with type std::nullptr_t\n";
    } else {
        std::cout << "NULL implemented using an integral type\n";
    }
}

出力例:

NULL implemented using an integral type

[編集] 欠陥報告

以下の動作変更欠陥報告は以前に発行された C++ 標準に遡って適用されました。

DR 適用先 発行時の動作 正しい動作
CWG 903 C++11 constant expressions with zero value such as 1-1 were allowed only the literal zero is allowed

[編集] 関連項目

nullptr ヌルポインタ値を指定するポインタリテラル (C++11) [edit]
(C++11)
ヌルポインタリテラル nullptr の型
(typedef) [edit]