名前空間
変種
操作

std::this_thread::yield

提供: cppreference.com
< cpp‎ | thread
 
 
スレッドサポートライブラリ
スレッド
(C++11)
this_thread 名前空間
(C++11)
yield
(C++11)
(C++11)
相互排他
(C++11)
汎用ロック管理
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)(C++11)(C++11)
(C++11)
(C++11)
条件変数
(C++11)
フューチャー
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
 
ヘッダ <thread> で定義
void yield() noexcept;
(C++11およびそれ以降)

他のスレッドが実行できるように、スレッドの実行を再スケジュールするためのヒントを処理系に提供します。

目次

[編集] 引数

(なし)

[編集] 戻り値

(なし)

[編集] ノート

この関数の正確な動作は処理系に、特に使用中の OS のスケジューラの機構やシステムの状態に依存します。 例えば、先入れ先出しのリアルタイムスケジューラ (Linux の SCHED_FIFO) は、現在のスレッドをサスペンドし、同じ優先度の実行可能なスレッドのキューの末尾に置くでしょう (そしてもし、同じ優先度のスレッドが他になければ、 yield は効果を持ちません)。

[編集]

#include <iostream>
#include <chrono>
#include <thread>
 
// "busy sleep" while suggesting that other threads run 
// for a small amount of time
void little_sleep(std::chrono::microseconds us)
{
    auto start = std::chrono::high_resolution_clock::now();
    auto end = start + us;
    do {
        std::this_thread::yield();
    } while (std::chrono::high_resolution_clock::now() < end);
}
 
int main()
{
    auto start = std::chrono::high_resolution_clock::now();
 
    little_sleep(std::chrono::microseconds(100));
 
    auto elapsed = std::chrono::high_resolution_clock::now() - start;
    std::cout << "waited for "
              << std::chrono::duration_cast<std::chrono::microseconds>(elapsed).count()
              << " microseconds\n";
}

出力例:

waited for 128 microseconds

[編集] 関連項目