名前空間
変種
操作

std::try_lock

提供: cppreference.com
< cpp‎ | thread
 
 
スレッドサポートライブラリ
スレッド
(C++11)
this_thread 名前空間
(C++11)
(C++11)
(C++11)
相互排他
(C++11)
汎用ロック管理
(C++11)
(C++11)
try_lock
(C++11)
(C++11)(C++11)(C++11)
(C++11)
(C++11)
条件変数
(C++11)
フューチャー
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
 
ヘッダ <mutex> で定義
template< class Lockable1, class Lockable2, class... LockableN>
int try_lock( Lockable1& lock1, Lockable2& lock2, LockableN&... lockn);
(C++11およびそれ以降)

最初のものから開始して順に try_lock を呼ぶことによって、指定された Lockable なオブジェクト lock1, lock2, ..., lockn それぞれのロックを試みます。

try_lock の呼び出しが失敗した場合、それ以上の try_lock の呼び出しは行われず、ロックしたすべてのオブジェクトに対して unlock が呼ばれ、ロックに失敗したオブジェクトの 0 から始まるインデックスが返されます。

try_lock の呼び出しで例外が発生した場合、再スローの前にロックしたすべてのオブジェクトに対して unlock が呼ばれます。

目次

[編集] 引数

lock1, lock2, ... , lockn - ロックする Lockable なオブジェクト

[編集] 戻り値

成功すれば -1、そうでなければロックに失敗したオブジェクトの 0 から始まるインデックスの値。

[編集]

以下の例は異なるスレッドで実行しているカウンタの定期的な集計とリセットのために std::try_lock を使用します。

#include <mutex>
#include <vector>
#include <thread>
#include <iostream>
#include <functional>
#include <chrono>
 
int main()
{
    int foo_count = 0;
    std::mutex foo_count_mutex;
    int bar_count = 0;
    std::mutex bar_count_mutex;
    int overall_count = 0;
    bool done = false;
    std::mutex done_mutex;
 
    auto increment = [](int &counter, std::mutex &m,  const char *desc) {
        for (int i = 0; i < 10; ++i) {
            std::unique_lock<std::mutex> lock(m);
            ++counter;
            std::cout << desc << ": " << counter << '\n';
            lock.unlock();
            std::this_thread::sleep_for(std::chrono::seconds(1));
        }
    };
 
    std::thread increment_foo(increment, std::ref(foo_count), 
        std::ref(foo_count_mutex), "foo");
    std::thread increment_bar(increment, std::ref(bar_count), 
        std::ref(bar_count_mutex), "bar");
 
    std::thread update_overall([&]() {
        done_mutex.lock();
        while (!done) {
            done_mutex.unlock();
            int result = std::try_lock(foo_count_mutex, bar_count_mutex);
            if (result == -1) {
                overall_count += foo_count + bar_count;
                foo_count = 0;
                bar_count = 0;
                std::cout << "overall: " << overall_count << '\n';
                foo_count_mutex.unlock();
                bar_count_mutex.unlock();
            }
            std::this_thread::sleep_for(std::chrono::seconds(2));
            done_mutex.lock();
        }
        done_mutex.unlock();
    });
 
    increment_foo.join();
    increment_bar.join();
    done_mutex.lock();
    done = true;
    done_mutex.unlock();
    update_overall.join();
 
    std::cout << "Done processing\n"
              << "foo: " << foo_count << '\n'
              << "bar: " << bar_count << '\n'
              << "overall: " << overall_count << '\n';
}

出力例:

bar: 1
foo: 1
foo: 2
bar: 2
foo: 3
overall: 5
bar: 1
foo: 1
bar: 2
foo: 2
bar: 3
overall: 10
bar: 1
foo: 1
bar: 2
foo: 2
overall: 14
bar: 1
foo: 1
bar: 2
overall: 17
foo: 1
bar: 1
foo: 2
overall: 20
Done processing
foo: 0
bar: 0
overall: 20

[編集] 関連項目

(C++11)
指定された複数のミューテックスをロックします。 いずれかが利用可能でなければブロックします
(関数テンプレート) [edit]