名前空間
変種
操作

std::stop_source

提供: cppreference.com
< cpp‎ | thread
 
 
スレッドサポートライブラリ
スレッド
(C++11)
(C++20)
(C++20)
stop_source
(C++20)
this_thread 名前空間
(C++11)
(C++11)
(C++11)
相互排他
(C++11)
汎用ロック管理
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)(C++11)(C++11)
(C++11)
(C++11)
条件変数
(C++11)
セマフォ
ラッチとバリア
(C++20)
(C++20)
フューチャー
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
 
 
ヘッダ <stop_token> で定義
class stop_source;
(C++20以上)

stop_source クラスは、 std::jthread もキャンセルのために、停止要求を発行する手段を提供します。 1つの stop_source オブジェクトに対して行われた停止要求は同じ停止状態に紐付くすべての stop_source および stop_token に対して可視になります。 いったん停止が要求されると、それを取り下げることはできません。 追加の停止要求は効果を持ちません。

目次

[編集] メンバ関数

新しい stop_source オブジェクトを構築します
(パブリックメンバ関数) [edit]
stop_source オブジェクトを破棄します
(パブリックメンバ関数) [edit]
stop_source オブジェクトを代入します
(パブリックメンバ関数) [edit]
変更
紐付いた停止状態 (もしあれば) に対して停止要求を行います
(パブリックメンバ関数) [edit]
2つの stop_source オブジェクトを入れ替えます
(パブリックメンバ関数) [edit]
観察
紐付いた停止状態に対する stop_token を返します
(パブリックメンバ関数) [edit]
紐付いた停止状態が停止要求されたかどうか調べます
(パブリックメンバ関数) [edit]
紐付いた停止状態が停止要求できるかどうか調べます
(パブリックメンバ関数) [edit]

[編集] 非メンバ関数

2つの std::stop_source オブジェクトを比較します
(関数) [edit]
std::swap アルゴリズムの特殊化
(関数テンプレート) [edit]


[編集]