名前空間
変種
操作

std::this_thread::sleep_until

提供: cppreference.com
< cpp‎ | thread
 
 
スレッドサポートライブラリ
スレッド
(C++11)
this_thread 名前空間
(C++11)
(C++11)
(C++11)
sleep_until
(C++11)
相互排他
(C++11)
汎用ロック管理
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)(C++11)(C++11)
(C++11)
(C++11)
条件変数
(C++11)
フューチャー
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
 
ヘッダ <thread> で定義
template< class Clock, class Duration >
void sleep_until( const std::chrono::time_point<Clock,Duration>& sleep_time );
(C++11およびそれ以降)

指定された sleep_time に達するまで、現在のスレッドの実行をブロックします。

sleep_time に紐付く時計が使用されます。 つまり、その時計の調節の影響を受けます。 そのため、ブロックする時間は、調節の方向によって、呼び出したときの sleep_time - Clock::now() より、短くなったり長くなったりする場合があります。 また、スケジューリングやリソースの奪い合いによる遅延のため、この関数は sleep_time に達するまでよりも長くブロックする可能性もあります。

目次

[編集] 引数

sleep_time - 達するまでブロックする時点

[編集] 戻り値

(なし)

[編集] 例外

Clock または Duration によって投げられるあらゆる例外 (標準ライブラリによって提供される clock および duration は、例外を投げることはありません)。

[編集] 関連項目

(C++11)
指定された時間、現在のスレッドの実行を停止します
(関数) [edit]