名前空間
変種
操作

std::recursive_mutex::lock

提供: cppreference.com
 
 
スレッドサポートライブラリ
スレッド
(C++11)
this_thread 名前空間
(C++11)
(C++11)
(C++11)
相互排他
(C++11)
汎用ロック管理
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)(C++11)(C++11)
(C++11)
(C++11)
条件変数
(C++11)
フューチャー
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
 
 
void lock();
(C++11およびそれ以降)

ミューテックスをロックします。 別のスレッドがミューテックスをすでにロックしている場合、 lock の呼び出しはロックを取得するまで実行をブロックします。

スレッドは再帰ミューテックスに対して繰り返し lock を呼んでも構いません。 所有権はそのスレッドが同じ回数だけ unlock の呼び出しを行った後にのみ解放されます。

所有権の最大カウントは未規定です。 最大を超過した場合は std::system_error が投げられます。

同じミューテックスに対する以前の unlock() 操作は、この操作に対して同期します (std::memory_order を参照してください)。

目次

[編集] 引数

(なし)

[編集] 戻り値

(なし)

[編集] 例外

エラーが発生した場合は std::system_error が投げられます。 ベースとなる OS の仕様によって lock が妨げられたことによるエラーもこれに含まれます。 何らかの例外が投げられた場合、ミューテックスはロックされません。

[編集] ノート

通常、 lock() は直接呼ばれません。 排他ロックを管理するために std::unique_lock および std::lock_guard が使用されます。


[編集]

この例は共有データを保護するためにどのように lockunlock を使用できるかを示します。

#include <iostream>
#include <chrono>
#include <thread>
#include <mutex>
 
int g_num = 0;  // protected by g_num_mutex
std::mutex g_num_mutex;
 
void slow_increment(int id) 
{
    for (int i = 0; i < 3; ++i) {
        g_num_mutex.lock();
        ++g_num;
        std::cout << id << " => " << g_num << '\n';
        g_num_mutex.unlock();
 
        std::this_thread::sleep_for(std::chrono::seconds(1));
    }
}
 
int main()
{
    std::thread t1(slow_increment, 0);
    std::thread t2(slow_increment, 1);
    t1.join();
    t2.join();
}

出力例:

0 => 1
1 => 2
0 => 3
1 => 4
0 => 5
1 => 6

[編集] 関連項目

ミューテックスのロックを試みます。 利用可能でない場合はリターンします
(パブリックメンバ関数) [edit]
ミューテックスのロックを解除します
(パブリックメンバ関数) [edit]