名前空間
変種
操作

std::promise<R>::get_future

提供: cppreference.com
< cpp‎ | thread‎ | promise
 
 
スレッドサポートライブラリ
スレッド
(C++11)
this_thread 名前空間
(C++11)
(C++11)
(C++11)
相互排他
(C++11)
汎用ロック管理
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)(C++11)(C++11)
(C++11)
(C++11)
条件変数
(C++11)
フューチャー
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
 
 
std::future<T> get_future();
(C++11以上)

*this と同じ共有状態に紐付けられたフューチャーオブジェクトを返します。

*this が共有状態を持っていない場合、または get_future がすでに呼ばれた場合、例外が投げられます。 プロミスとフューチャーの通信チャネルの「ポップ」側の端点を複数取得するには、 std::future::share を使用してください。

この関数の呼び出しは set_valueset_exceptionset_value_at_thread_exit または set_exception_at_thread_exit の呼び出しとデータ競合を発生しません (それらはお互いに同期する必要はありません)。

[編集] 引数

(なし)

[編集] 戻り値

*this の共有状態を参照するフューチャー。

[編集] 例外

以下の状況で std::future_error が投げられます。

  • *this が共有状態を持っていない。 エラーカテゴリは no_state に設定されます。
  • *this と同じ共有状態を持つプロミスに対して get_future() がすでに呼ばれた。 エラーカテゴリは future_already_retrieved に設定されます。