名前空間
変種
操作

std::packaged_task::operator()

提供: cppreference.com
 
 
スレッドサポートライブラリ
スレッド
(C++11)
this_thread 名前空間
(C++11)
(C++11)
(C++11)
相互排他
(C++11)
汎用ロック管理
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)(C++11)(C++11)
(C++11)
(C++11)
条件変数
(C++11)
フューチャー
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
 
 
void operator()( ArgTypes... args );
(C++11およびそれ以降)

引数として args を使用して格納されたタスクを呼びます。 タスクの戻り値や投げられたあらゆる例外は共有状態に格納されます。 共有状態は準備完了になり、それを待っているあらゆるスレッドのブロックが解除されます。

目次

[編集] 引数

args - 格納されているタスクの呼び出しに渡す引数

[編集] 戻り値

(なし)

[編集] 例外

以下のエラー状況で std::future_error が投げられます。

  • 格納されているタスクがすでに実行済み。 エラーカテゴリは promise_already_satisfied に設定されます。
  • *this が共有状態を持っていない。 エラーカテゴリは no_state に設定されます。

[編集] ノート

operator() の成功した呼び出しは、 *this と同じ共有状態を共有する std::future または std::shared_future のあらゆるメンバ関数の呼び出しに対して同期します。

(C++14以前)

共有状態によってすでに提供されている以外に保証される追加の同期はありません。

(C++14およびそれ以降)

[編集]

[編集] 関連項目

関数を実行し、カレントスレッドの終了後にのみ結果が準備完了になるようにします
(パブリックメンバ関数) [edit]