名前空間
変種
操作

std::packaged_task<R(Args...)>::make_ready_at_thread_exit

提供: cppreference.com
 
 
スレッドサポートライブラリ
スレッド
(C++11)
this_thread 名前空間
(C++11)
(C++11)
(C++11)
相互排他
(C++11)
汎用ロック管理
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)(C++11)(C++11)
(C++11)
(C++11)
条件変数
(C++11)
フューチャー
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
 
 
void make_ready_at_thread_exit( ArgTypes... args );
(C++11以上)

転送された args を引数として使用して格納されたタスクを呼びます。 タスクの戻り値や投げられたあらゆる例外は *this の共有状態に格納されます。

共有状態は、現在のスレッドが終了し、すべてのスレッドローカル記憶域期間のオブジェクトが破棄された後にのみ、準備完了になります。

目次

[編集] 引数

args - 格納されたタスクの呼び出しに渡す引数

[編集] 戻り値

(なし)

[編集] 例外

以下のエラー状況で std::future_error が投げられます。

  • 格納されているタスクがすでに実行済み。 エラーカテゴリは promise_already_satisfied に設定されます。
  • *this が共有状態を持っていない。 エラーカテゴリは no_state に設定されます。

[編集]

#include <future>
#include <iostream>
#include <chrono>
#include <thread>
#include <functional>
#include <utility>
 
void worker(std::future<void>& output)
{
    std::packaged_task<void(bool&)> my_task{ [](bool& done) { done=true; } };
 
    auto result = my_task.get_future();
 
    bool done = false;
 
    my_task.make_ready_at_thread_exit(done); // execute task right away
 
    std::cout << "worker: done = " << std::boolalpha << done << std::endl;
 
    auto status = result.wait_for(std::chrono::seconds(0));
    if (status == std::future_status::timeout)
        std::cout << "worker: result is not ready yet" << std::endl;
 
    output = std::move(result);
}
 
 
int main()
{
    std::future<void> result;
 
    std::thread{worker, std::ref(result)}.join();
 
    auto status = result.wait_for(std::chrono::seconds(0));
    if (status == std::future_status::ready)
        std::cout << "main: result is ready" << std::endl;
}

出力:

worker: done = true
worker: result is not ready yet
main: result is ready

[編集] 関連項目

関数を実行します
(パブリックメンバ関数) [edit]