名前空間
変種
操作

std::mutex::unlock

提供: cppreference.com
< cpp‎ | thread‎ | mutex
 
 
スレッドサポートライブラリ
スレッド
(C++11)
this_thread 名前空間
(C++11)
(C++11)
(C++11)
相互排他
(C++11)
汎用ロック管理
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)(C++11)(C++11)
(C++11)
(C++11)
条件変数
(C++11)
フューチャー
(C++11)
(C++11)
(C++11)
(C++11)
 
std::mutex
メンバ関数
ロック
mutex::unlock
ネイティブハンドル
 
void unlock();
(C++11およびそれ以降)

ミューテックスのロックを解除します。

ミューテックスは現在のスレッドによってロックされていなければなりません。 そうでなければ、動作は未定義です。

この操作は、同じミューテックスの所有権を取得する今後のあらゆるロック操作に対して同期します (std::memory_order を参照してください)。

目次

[編集] 引数

(なし)

[編集] 戻り値

(なし)

[編集] 例外

(なし)

[編集] ノート

通常、 unlock() は直接呼ばれません。 排他ロックを管理するために std::unique_lock および std::lock_guard が使用されます。

[編集]

この例は共有データを保護するためにどのように lockunlock を使用できるかを示します。

#include <iostream>
#include <chrono>
#include <thread>
#include <mutex>
 
int g_num = 0;  // protected by g_num_mutex
std::mutex g_num_mutex;
 
void slow_increment(int id) 
{
    for (int i = 0; i < 3; ++i) {
        g_num_mutex.lock();
        ++g_num;
        std::cout << id << " => " << g_num << '\n';
        g_num_mutex.unlock();
 
        std::this_thread::sleep_for(std::chrono::seconds(1));
    }
}
 
int main()
{
    std::thread t1(slow_increment, 0);
    std::thread t2(slow_increment, 1);
    t1.join();
    t2.join();
}

出力例:

0 => 1
1 => 2
0 => 3
1 => 4
0 => 5
1 => 6

[編集] 関連項目

ミューテックスをロックします。 利用可能でない場合はブロックします
(パブリックメンバ関数) [edit]
ミューテックスのロックを試みます。 利用可能でない場合はリターンします
(パブリックメンバ関数) [edit]